[ブレッシュ/フレピュア]比較した効果と評判!

ブレッシュとフレピュアの重要比較ポイント3点

ブレッシュとフレピュアの比較ポイント

まず結論から。フレピュアの勝ちです。

ブレッシュとフレピュアって一見似てるから迷っちゃいますよね。両方とも白いタブレットだし、初回価格は同じ500円。パッと見ではどう違うのかよくわかりません。

しかしこの2者、詳しく調べていくうちに、決定的な違いがあることが判明しました。以下の3点です。

①口臭効果 → フレピュアが有利!
②味    → フレピュアのほうが続けやすい!
③価格   → フレピュアのほうが安い!

このように、3勝0敗でフレピュアの勝利という結果となりました。

フレピュアは口臭へのアプローチ力が高く、続けやすく、お財布にも優しい。

ブレッシュとフレピュアで迷ってるなら、フレピュアを選んでおけば失敗はしません。

→→ フレピュアがダントツの最安値で買える公式サイトを見てみる

フレピュア公式サイトへ

ブレッシュとフレピュアの重要比較ポイント① 口臭効果はフレピュアが有利

口臭への効果はフレピュアのほうが有利です。

口臭サプリなんだから一番気になるのは口臭ケア効果ですよね。

口臭効果は2つに大別されます。今起きているニオイの消臭と、ニオイの発生原因の解消です。

ニオイの消臭効果を比較すると、ブレッシュとフレピュアは互角です。両方ともデオアタックという消臭物質が配合されています。デオアタックはポリフェノールを主成分とする機能性消臭素材で、このポリフェノールが口臭の原因であるメチルメルカプタンをはじめとする硫黄化合物を消臭してくれます。

ではどこで違いが出るのかというと、ニオイの発生原因の解消という点でアプローチ方法が違います。

ニオイの発生原因のほとんどは口内にひそむ歯周病菌です。菌が口内に残った食べかすを分解することで悪臭が生まれます。

フレピュアに含まれるなた豆はカナバニンとコンカナバリンAという2つの成分が含まれています。カナバニンは炎症を抑え、歯周病の進行を食い止めます。コンカナバリンAはT細胞という免疫細胞を活性化し、抵抗力を高めます。このようにフレピュアは2つのアプローチ方法で歯周病菌からくる悪臭のもとをブロックします。

ブレッシュの主成分である月桂樹にはオイゲノールという殺菌作用のある成分が含まれていますが、オイゲノールは虫歯菌の殺菌作用はあるものの、口臭ともっとも密接な関係のある歯周病菌を抑制するとの報告はありません。

正確にはブレッシュにもなた豆は含まれているのですが、食品表示を見るとかなり後ろのほうに記載されており、配合量が少ないものと考えられます。

そのため、フレピュアのほうがより口臭抑制効果が期待できます。

ブレッシュとフレピュアの重要比較ポイント② フレピュアのほうがおいしい!

ブレッシュはグレープフルーツミント味、フレピュアはレモンミント味で、フレピュアのほうがおいしくて続けやすい味です。

「味なんてどうでもいいでしょ?」と思うかもしれませんが、実は継続するにあたって味はとても重要です。

どれだけ効果があるといわれても、マズいとなかなか続けられませんよね。逆に味がおいしければ続けるのが楽しみになります。どうせなら毎日嫌々続けるより、無理なく楽しく続けたいと思いませんか?

実際、ブレッシュの口コミを調べると、「味が合わなくて続けられなかった」という書き込みが複数みられます。最初の一粒を口にして「これムリ!」と思ってしまうともう続けられません。

ちなみにフレピュアには味がマズイ系の口コミは見られまず、逆に「おいしい」という書き込みが多かったですね。やはりレモンミントは万人受けしやすいようです。

サプリは栄養バランスを整えることで少しずつ体の変化を起こしていくものなので、継続が大前提です。さすがに1粒だけで終わってしまっては思い描いたような効果は得られません。

効果が出るまで続けるために、味がおいしいかどうかは重要です。

ここでもフレピュアが有利という結果になりました。

ブレッシュとフレピュアの重要比較ポイント③ 価格はフレピュアのほうが安い

最後の重要比較ポイントは価格。いうまでもなく、続けるにあたってはお財布に優しいかどうかは死活問題です。

ここでも結果はフレピュアの勝ちでした。

一日一粒ペースとして、一日あたりの価格を比較してみました。

ブレッシュ:一日あたり128円
フレピュア:一日あたり89円

このように、一日あたり39円も違います。

「なんだ、たった39円か」と思った方、39円を侮るなかれ。積み重なると大きいですよ?

一日39円

→ 一か月で1,170円

→ 一年で14,040円

どうでしょう。。14,000円あったら2~3回飲みにいけますよね。

一日39円の差は、実は意外に大きいのです。

ということで、価格においてもフレピュアに軍配が上がりました。

このように、重要比較ポイントはフレピュアの3勝0敗になりました。

結論!

ブレッシュとフレピュアで迷ったらフレピュアだ!

→→ フレピュアのワンコインキャンペーンを公式サイトでチェック!

フレピュア公式サイトへ

[ブレッシュ/フレピュア]口コミの比較

口臭対策サプリのブレッシュとフレピュアの口コミ評価を比較検証しました。

「口臭対策サプリなんてなんだか怪しい」「本当は効果ないんじゃないの?」なんて思っている人もいるかもしれませんね。メーカーはもちろん「効きますよ!」といって売るわけですが、どれだけ宣伝しても実際に体験したユーザーの目はごまかせません。やはり実体験に基づいた体験談は悪評も含めて判断材料にしたいですよね。

それではまず結果から述べます。

アマゾン・楽天・アットコスメでの評価を比較した結果、

・アマゾン → フレピュアの勝ち

・楽天 → ブレッシュの勝ち

・アットコスメ → フレピュアの勝ち

という結果で、総合的には2対1でフレピュアの勝ちとなりました。

以下、それぞれ詳しく解説していきます。

アマゾンでのブレッシュとフレピュアの口コミ比較

アマゾンでの評価は以下のようになりました(2019年9月現在)。

・ブレッシュ ☆3.3 (31件)

・フレピュア ☆4.1 (40件)

このように、amazonではフレピュアのほうが評価が高いという結果になりました。

では、低い評価をつけた人たちはどの点で不満足だったのか? 以下にまとめてみました。

ブレッシュで低評価になっていたコメント:
・お試しで申し込んだら自動で定期便になっていた
・効果が実感できなかった
・味が合わなかった

フレピュアで低評価になっていたコメント:
・効果が実感できなかった

いわゆる「効かなかった」系のコメントは、どのサプリにも必ずといっていいほど見られるものですが、それ以外ではブレッシュの「自動で定期便になっていた」と「味が合わなかった」という口コミが目立ちました。

アマゾンではブレッシュの定期便サービスは行っていないため、公式サイトから申し込んで、不満をアマゾンに書き込んだものとみられます。定期便にすることを前提で初回値引きというパターンはこうしたサプリではごく一般的なものなので、申し込み時にきちんと確認することで防げます。

楽天でのブレッシュとフレピュアの口コミ比較

楽天市場での評価は以下のようになりました(2019年9月現在)。

・ブレッシュ ☆3.97 (34件)
・フレピュア ☆3.84 (19件)

このように、楽天では僅差でブレッシュの評価が上回りました。

では、低い評価をつけた人たちはどの点で不満足だったのか? 以下にまとめてみました。

ブレッシュで低評価になっていたコメント:
・味が合わなかった

フレピュアで低評価になっていたコメント:
・到着が遅かった
・効果がわからない

こちらでもアマゾンと同じくブレッシュの味に関する悪評がありますね。合う合わないがかなり分かれる味であることがわかります。

フレピュアでは到着が遅くてほしいときに間に合わなかったというコメントがありました。外せないタイミングがあるときは時間に余裕をもって注文したほうがよさそうですね。

アットコスメでのブレッシュとフレピュアの口コミ比較

アットコスメでの評価は以下のようになりました(2019年9月現在)。

・ブレッシュ ☆4.4 (5件)
・フレピュア ☆5.2 (61件)

このように、アットコスメでは、フレピュアの評価が上回りました。

ただし、ブレッシュのコメント数がまだ5件と少なかったので、単純に比較はしづらいところですね。

ちなみにアットコスメでは、ブレッシュ、フレピュアとも低評価はあったものの、なぜ低評価をつけたのか理由を述べたコメントはありませんでした。

しかし高評価の中でも、やはりブレッシュには「歯磨き粉みたい」といった味に不満足なコメントがありました。反対に、フレピュアは「おいしい!」というコメントが多数を占めています。

フレピュア公式サイトへ

[ブレッシュ/フレピュア]口臭ケア効果の比較

オーラルケア、口臭ケアはもはやエチケットの一つになってきています。

ブレスチェッカーなどで計測するとより客観的な数字になるのでわかりやすいですが、そこまでしなくとも自分の口臭が減った・増えたというのは十分に実感として把握できる範囲です。

さて、ブレッシュ、フレピュアはともに口臭をおさえるサプリとして人気の商品です。

ブレッシュの場合は「口臭の原因菌、ニオイ、体内環境の乱れにトリプルアクション」
フレピュアの場合は「タイムリーな汚臭と蓄積された悪臭をダブルで消臭」

こういった触れ込みで、表現は違えど両方とも狙っている効果は同じです。ただ、配合成分はもちろん違いますし、それによって効果も変わってきます。

これらの違いを詳しく解説していきます。

ブレッシュとフレピュアの成分比較

成分表

ブレッシュ フレピュア
難消化性デキストリン、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、オリゴ糖、米粉、ゲッケイジュ葉抽出物、グレープフルーツ果汁末、穀物発酵エキス末、乳酸菌生産物質、コーヒー生豆抽出物、 ゴボウパウダー、キウイフルーツエキス末、シャンピニオンエキス末、ナタマメ末、モリンガ末、プロポリス抽出物/ソルビトール、セルロース、酸味料(クエン酸)、 ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、ふくらし粉、環状オリゴ糖、香料、甘味料(甘草)、甘味料(ステビア)、ポリグルタミン酸、緑茶抽出物、(一部に乳成分・小麦・大豆・キウイフルーツを含む) マルトース、還元麦芽糖水飴、デキストリン、有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)、シャンピニオンエキス末、ナタマメ茶末、レモン果汁末(大豆を含む)、コーヒー生豆抽出物、ビフィズス菌乾燥原末(乳成分を含む)/ソルビート、香料、ポリグルタミン酸(大豆由来)、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、酸味料(クエン酸)、甘味料(スクラロース)

 

ブレッシュとフレピュアの消臭成分を比較

ブレッシュとフレピュアの消臭成分を比較しました。結果は互角でした。

口臭に効く成分といっても種類はさまざま。ニオイの原因菌を殺菌する成分もあれば、発生したニオイを封じ込める成分もあります。今回は発生したニオイを封じ込める成分のほうをみていきます。

ブレッシュの配合成分の中で、消臭効果があるのは以下の3種類です。

・デオアタック
・モリンガ
・プロポリス

この3種類の成分はすべてポリフェノールを含んでいます。ポリフェノールはその抗酸化力で、口臭の原因物質であるメチルメルカプタンや硫化水素を消臭します。

一方、フレピュアの配合成分の中で、消臭効果があるのは以下の1種類です。

・デオアタック

デオアタックはブレッシュにも含まれていますね。同じポリフェノールです。

では消臭成分が1種類のフレピュアより3種類の成分が含まれているブレッシュのほうが消臭効果が優れているのか、というと、あながちそういうわけでもありません。

まず、フレピュアもブレッシュも配合量が明らかにされていません。そのため、どれがどのくらいの量含まれているかはわかりません。たよりになるのは食品表示の順番です。

食品表示は配合量の多いものから順に記載するというルールがあります。つまり先に出てくる成分ほど配合量が多いということです。

食品表示でデオアタックの原料であるコーヒー豆抽出物またはごぼうパウダーが出てくるのは、ブレッシュが10番目、フレピュアは8番目です。さらにブレッシュの食品表示でモリンガとプロポリスが出てくるのはそれぞれ15、16番目です。

この順番を見ると、ブレッシュはポリフェノール含有成分の種類こそ多いものの、必ずしもたくさん配合されているとは言いづらい状態です。

そう考えると、消臭成分については甲乙つけがたいですね。

ブレッシュとフレピュアの歯周病などの菌に効く成分の比較

口臭の原因として多いのが歯周病。歯周病菌に効く成分を比較すると、フレピュアのほうが有望でした。

フレピュア:

・なた豆 ・カナバニン抗炎症作用により、口内の炎症を抑えることで歯周病を予防することにより、においの原因を減らします。またコンカナバリンAの免疫細胞(T細胞)活性化作用により、歯周病を抑える

ブレッシュ:

・月桂樹(ローレッシュ)
月桂樹にはオイゲノールという成分が含まれていて、このオイゲノールの殺菌作用で虫歯菌を殺菌します。
オイゲノールは昔から虫歯治療に使われてきた成分です。虫歯の原因となるミュータンス菌の進行を食い止めるのには効果がありますが、歯周病の原因菌はジンジバリス菌といって菌の種類が違います。そしてオイゲノールはジンジバリス菌抑制に効果があるというはっきりした証拠が見つかっていません。

・なた豆
フレピュアと同じ成分が含まれているわけですが、食品表示の順番がずっと後ろです。食品表示は配合量が多い順に記載するルールがあるため、表示順が後ろということは、配合量が少ないことを意味しています。

そのため、歯周病菌へのアプローチ力はフレピュアのほうが優れているという結論になります。

ブレッシュとフレピュアの腸内環境をととのえる成分を比較

腸内環境を整える成分をブレッシュとフレピュアで比較しました。こちらも互角という結論になりました。

忘れてはならない口臭の原因の一つとして、腸のニオイがあります。腸が元気に動いていれば何の心配もないのですが、蠕動運動が停滞して便秘になると、たまった便が腐敗してアンモニアなどの悪臭を放つようになります。悪臭ガスは腸壁に吸収されて血液に混ざり全身に運ばれ、やがて皮膚や呼気から排出されるようになります。

この点を考慮すると、腸内環境を整えて腸を元気に保つことは、口臭や体臭を防ぐためにも有効だということがわかります。

フレピュアに含まれる整腸成分

・ビフィズス菌
・有胞子性乳酸菌
・オリゴ糖

・ブレッシュに含まれる整腸成分
・乳酸菌生産物質
・難消化性デキストリン

これらを比較すると、善玉菌そのものはフレピュアにしか含まれていないことがわかります(ビフィズス菌、乳酸菌)。

フレピュアに含まれるオリゴ糖ははいわゆるプレバイオティクスと呼ばれる善玉菌のエサです。

ブレッシュに含まれる乳酸菌生産物質は、乳酸菌が作り出す発酵産物そのもので、こちらも乳酸菌と同じ働きをします。難消化性デキストリンは食物繊維のため、便の嵩増しをしたり、腸内を掃除する役割をします。

腸内を恒常的に元気にするには、善玉菌を増やして腸内フローラを健全な状態に保つ必要があります。

そう考えると、善玉菌を直接送り込むフレピュアのほうが腸を元気にする効果、そして腸由来の口臭・体臭を解消させる効果はより高いといえるでしょう。

フレピュア公式サイトへ

[ブレッシュ/フレピュア]価格の比較

ブレッシュとフレピュアの価格を比較しました。

その結果、フレピュアのほうがお得という結論になりました。

いくら効き目があるといっても、お財布に優しい値段でないと続けられないですよね。サプリの効果が実感できるのは3ヶ月程度といわれているので、それくらい続けるためには少しでも安いほうが有利です。

さて今回は、初回キャンペーン価格、通常価格、定期便価格を比較しました。

ブレッシュ フレピュア
初回価格 500円 500円+特典
通常価格 4,980円 3,990円
定期便価格 3,485円 2,690円(2袋で5,380円)

 

ご覧の通り、このすべてにおいてフレピュアのほうが安いという結果になりました。

ブレッシュとフレピュアの初回価格を比較

ブレッシュとフレピュアの初回価格を比較しました。結果は僅差でフレピュアの勝ちです。

両方とも初回はキャンペーンで大幅値引きを行っていて、初回価格は同額の500円となっています。

・ブレッシュ 通常価格4,980円+税 → 初回500円(90%OFF)
・フレピュア 通常価格3,990円+送料540円 → 初回500円(87%OFF)

両方とも送料無料な上、すさまじい値引き率ですね。それほど商品に自信があるということなのでしょう。

値段だけを見ると、両方500円なので引き分けのように見えますが、フレピュアはさらに特典として「いきいきオリゴ」を1袋プレゼントしてくれます。オリゴ糖は腸内の善玉菌の栄養になり、腸由来の口臭改善に寄与してくれますから、その分オトクです。

ということで、フレピュアが僅差で勝利となりました。

ブレッシュとフレピュアの最安値を比較

続いて最安値を比較します。結果はフレピュアの勝利です。

ブレッシュ、フレピュアとも公式サイトの定期便で購入するのが最もお得です。価格は以下のとおり。

・ブレッシュ(最新版のブレッシュプラスで比較しています)
公式サイト 3,485円+税(☆最安値!)
amazon 取扱なし(旧版のブレッシュは3,300円で取扱あり)
楽天 4,115円

・フレピュア
公式サイト 2袋5,380円(1袋あたり2,690円)(☆最安値!)
アマゾン 3,800円
楽天 2,990円

※いずれも2019年9月時点

最安値の公式サイト価格を比較すると、ブレッシュ3,485円+税、フレピュア2,690円。消費税も含めると1,000円以上の差が出ます。一か月で1,000円の違いは大きいですね。

このように、フレピュアのほうがお得という結果になりました。

ブレッシュとフレピュアの市販状況を比較

フレピュアとブレッシュの市販状況を比較しました。結果は僅差でフレピュアの勝利となりました。

結果はいずれもネット通販のみで、ドラッグストアや量販店などでは取扱がないことがわかりました。アマゾン、楽天、公式サイトといったところで入手するのが通常の購入ルートになります。この点で、入手のしやすさはほぼ互角といっていいでしょう。

ここで1つ注意点が。ブレッシュは2019年9月時点で、アマゾンでは旧版の「ブレッシュ」しか取扱がありません。最新版の「ブレッシュプラス」は、アマゾンでの取り扱いがありません。

ブレッシュプラスは月桂樹やプロポリスなど、より多くの有効成分が追加されています。旧版を買うとこれらの成分が配合されておらずもったいないです。どうせなら「+」マークのついているものを買いましょう。

アマゾンでの取り扱い状況が分かれてしまったので、ここでは入手のしやすさはフレピュアの勝利とさせていただきます。

フレピュア公式サイトへ

[ブレッシュ/フレピュア]副作用の比較

ブレッシュとフレピュアの副作用を比較しました。結果は互角でした。

どちらも危険な成分は配合されておらず、有効成分はすべて自然由来、それ以外の構成成分についてもきわめて安全なものばかりで、老若男女を問わず安心して使うことができます。

ただしアレルギー品目には注意しておかなければいけません。

それぞれに含まれるアレルギー物質は以下の通りです。

・ブレッシュ 小麦、大豆、キウイフルーツ
・フレピュア 大豆、乳製品

※特定原材料7品目と、特定原材料に準ずるもの20品目のみ記載しています。

これらのアレルギーがある方は、購入を控えたほうが無難ですね。

それ以外にも特定のアレルギーを持っている方は、購入前に原材料をよくチェックしておきましょう。

ブレッシュとフレピュアの妊娠中・授乳中の安全性を比較

妊娠中・授乳中でも問題なく使用できるかどうかについて調査しました。成分を見ると、ブレッシュ・フレピュアとも妊娠中・授乳中に摂ってはいけない成分は含まれていません。

ただし、フレピュアの公式サイトには以下のQ&Aがあります。

Q 妊娠中・授乳中にのんでも大丈夫?

A 妊娠中や妊娠直後の女性のカラダはとてもデリケートな状態です。ご使用に際して、フロムココロでは推奨いたしておりません。気になる方は、担当の医師にご確認下さい。

公式サイトQ&Aより

フレピュアを摂ってはいけない理由は書かれていませんが、もし万が一何かあったら大変なので念のため控えておきましょうといった程度の意味合いだと考えられます。

ブレッシュの公式サイトではこうした注意喚起はありません。

フレピュア公式サイトへ

[ブレッシュ/フレピュア]使い方を比較

ブレッシュとフレピュアの服用法について比較しました。結果は同じという結論になりました。

ブレッシュとフレピュアは両方ともタブレット型で、チュアブルタイプといわれる、なめて溶かすタイプです。口の中でゆっくり溶かすことで、有効成分が口の中に浸透して、すぐに良い香りがします。すぐに口臭をなんとかしたい場面でもさっと取り出してパッと口に入れるだけ。水もいりません。このお手軽さと即効性という点で、カプセルタイプとは大きく違うところですね。

また、とっさの場面で使用することを考えると、パッケージデザインも重要です。「口臭に効く!」なんてデカデカと書かれていたら、いくら本当に効くといっても人前で取り出すのは恥ずかしいですよね。この点、両方ともさわやかなデザインなので、人前で堂々と取り出してもまったく恥ずかしくありません。

また一日の使用量では、フレピュアが1日1粒~2粒を推奨されているのに対し、ブレッシュは1日1~3粒を推奨されています。とはいえ続けていると値段もバカにならないので、基本は1日1粒を毎日の習慣にしつつ、特にここぞという場面で使っていきたいですね。

[ブレッシュ/フレピュア]解約の比較

ブレッシュとフレピュアの解約状況を比較しました。

サプリの中には3ヶ月続けないと解約できないといったパターンががけっこうあって厄介ですよね。それも申し込み後に発覚したりすると最悪。効けばまだいいですが、効かない場合はムダなものにお金を払い続けるハメになります。

でも安心してください。ブレッシュとフレピュアは両方とも解約に関しては定期便の回数縛りなどの制限はなく、簡単に解約できます。この点でブレッシュとフレピュアは互角といえるでしょう。

ブレッシュは株式会社bizento、フレピュアは株式会社フロムココロ、どちらも販売会社の公式サイトに記載があります。

・ブレッシュ

ブレッシュの解約

・フレピュア

フレピュアの解約

これなら初回のキャンペーン価格分で1袋だけ買ってすぐに解約することも可能です。

いつでも解約できるから、どちらも安心して申し込みできそうですね。

ブレッシュとフレピュアの解約方法を比較

ブレッシュとフレピュアの解約方法を比較しました。

・フレピュア 次回商品発送の10日前までに電話・メール・FAX
電話番号 0120-556-073(土日祝を除く9:00〜20:00)
FAX番号 092-791-3943
メールアドレス info@fromcocoro.com

・ブレッシュ 次回商品発送の10日前までに電話・メール
電話番号 0120-50-9291(祝日を除く月~金 9:00~18:00)
メールアドレス contact@bizento.com

電話とメールができればほぼ問題ありませんね。両方とも「次回発送の10日前までに」という条件があるので、期限が迫っているときは電話のほうが確実です。

ただし、ブレッシュの場合は「解約の電話がなかなかつながらない」という口コミがあったので、ギリギリのタイミングで電話をすると間に合わない可能性があります。

いずれにしても解約するときは時間に余裕をもって連絡しましょう。

ブレッシュとフレピュアの返金保証を比較

ブレッシュとフレピュアの返金保証について比較しました。結果は、ブレッシュのほうがやや手厚いという結論になりました。

・ブレッシュ
条件 合わない・満足できない
返金保証期間 商品到着から30日以内

ブレッシュの返金保証

・フレピュア
条件 合わない
返金保証期間 商品到着から10日以内

フレピュアの返金保証

アレルギーが出てしまった、気分が悪くなったなど、サプリを飲んだことによって健康を害してしまった場合は両方とも返金してくれますが、フレピュアの場合は「効かない」という理由では返金に応じてくれません。この点注意が必要ですね。

また、返金保証期間はブレッシュのほうが長く、30日間となっています。「満足できない」場合も返金対象になるので、よほど商品力に自信があるようですね。

フレピュア公式サイトへ