[フレピュア/ブレスマイル]比較!おすすめはどっち?効果は?

[フレピュア/ブレスマイル]口コミ比較/良い口コミ・悪い口コミ

フレピュアとブレスマイルの口コミや評判を比較しました。売る側がどれだけPRしても利用者の感想・評価は正直です。

それではamazon・楽天など通販サイトの☆の数からみていきます。

・Amazon/カスタマーレビューでの口コミ評価
ブレスマイル ☆3.5(12件)
フレピュア ☆4.1(40件)

アマゾンのカスタマーレビューではフレピュアの勝利となりました。
また口コミ数も多く、40件で☆4.1はかなり優秀な評価といえます。

・楽天市場/みんなのレビューでの口コミ評価
フレピュア ☆3.84(19件)
ブレスマイル ☆4.07(15件)

楽天のみんなのレビューでは僅差でブレスマイルの勝利となりました。

・アットコスメの口コミ
ブレスマイル なし
フレピュア 5.2(61件)

アットコスメではブレスマイルの口コミがありませんでした。
アットコスメは7段階評価となっていますが、その中でフレピュアは☆5.2を獲得しているので、こちらも相当いい評価をもらっているようですね。

フレピュアの良い口コミ

フレピュアの良い口コミを紹介します。

唾液が少ないのと鼻が弱いのも関係あると思いますが口臭が前から気になっていたので試してみようと思いました。始め粒が大きくビックリしましたが、チュアブルタイプだったので大きさに納得。口の中で溶かして朝に舐めていますが、たまに夜にも舐めています。爽やかなラムネを舐めている感じなので続けやすいです。少しづつ口臭が弱くなってきた気がします。夜に飲むと朝起きた時の口の中のねばつき感が違って、いつもより爽やかな気がします。なので飲み続けるのが、ちょっと楽しみになってきました。
引用元:Amazon

色々褒められていますね。

まずは続けやすい味。舐めることで効果を発揮するチュアブルタイプなので、おいしいかどうかは続けやすさに直結します。

そして口臭ケア効果の実感。フレピュアに含まれる成分の中には、消臭成分や菌の繁殖を抑制する成分が含まれているためですね。

ねばつき感が違うのは唾液分泌を増やす成分が含まれているためですね。

粒が大きいのは舐めて溶かすタイプだからで、ゆっくり舐めて成分を口の中に浸透させることでより実感しやすくなります。

まだ始めたばかりのようなので、本格的にスッキリが実感できるのはむしろこれから。結果が楽しみなコメントですね。

ブレスマイルの良い口コミ

半信半疑で安かったので買ってみました。
注文後すぐに発送して下さり、次の日にはもう届きました。びっくりするぐらい早く届きました。こういうサプリを買ったのは初めてで
どうなんだろう?と疑っていましたが、1粒舐めてみてホントにびっくりしました。
口の中の爽快感、臭いはもちろん、凄い即効性に驚きです……。早く注文すれば良かった。
慌てて主人の分も注文しました。
安く買えて良かったです。
引用元:楽天市場

こちらも色々褒められています。

届くのが速いのはありがたいですね。逆にフレピュアには急な用件に間に合わなかったというクレーム入りの口コミもありました。

即効性というのももちろん大事で、いざというときにすぐ爽快感を得られるとわかっていれば安心して持ち歩けますね。

ブレスマイルも口臭への有効成分が数多く含まれているので、安心して使える口臭ケア商品です。ただし、やはりある程度の期間続けるというのが大事になるので、せめて3ヶ月分は使い続けられるぐらいの費用は手元に残しておきたいですね。

フレピュアの悪い口コミ

口臭が気になりだしレビューを見て購入をしましたが効果は不明。

効果不明なままもう一度購入はしないかなと思う値段。
とりあえず1袋使い切って検討する予定
引用元:楽天

効かない、効果不明という口コミはどのサプリにもほとんど必ずといっていいほどみられる口コミで、フレピュアも例外ではありません。体質は人それぞれです。

公式Q&Aでは3ヶ月継続して使うことでスッキリが実感できるとのことですが、実際には1ヶ月、一週間、もっと短いと1粒飲んだだけで見切りをつける人もいます。すぐに効果がわからないと不満を持つ気持ちはわかりますが、サプリの性質上、急激に体質を変えられるわけではないので、できればもう少し続けてみて様子を見たいところですね。

このほかの悪い口コミとしては、注文してからの到着が遅かったなど、配送に関する不満が2~3個見られました。

ブレスマイルの悪い口コミ

服用を始めてから、お腹がゆるくなったり口の中が荒れたりしたので、使用を中止し、返金を求めたのですがダメでした。
調子が悪いからと話しているのに、もう少し続けてみてくださいと、無責任なことを言われたり、返金を申し出ると声色が変わります。しかも要件がありえないほど厳しく、謳い文句でしかないです。
こちらからの電話では簡単に解約もできず、時間も取られます。
注意が必要です。
引用元:Amazon

ブレスマイルの口コミにときどき見られるのが、この「解約・返金で引き留められてめんどくさかった」という口コミです。ただでさえブレスマイルには3ヶ月の継続縛りがありますし、また解約・返金の申し込みも電話でしか受け付けてもらえません。加えて、その電話でもすんなり解約・返金に応じてもらえず、手こずったり結局解約できなかったという口コミがありました。

メーカー側もこうして口コミに書かれるとマイナスでしかないので、すんなり解約に応じてほしいところですが、いざというときにこうしたトラブルがあるとわかると申し込むのが少し不安ですね。

フレピュア・ブレスマイルのインスタでの口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんにちは♡ 12月から飲み始めた内側からの#口臭ケア @from_cocoro さんの#フレピュア♡ 試し始めて2週間がたちました♡ . 朝と晩に一粒舐めるだけ♡ レモンミント🍋味ですっきり爽やか♡美味しくて続けやすいですー♡ . 歯磨きだけでは防ぎきれないこともある口臭問題。フレピュアは身体の中の匂いの元となるものに働きかけてくれるので体臭にも効くんです🙆‍♀️ . 芸能人の武田久美子さんも愛用者みたいです♡ 効果実感中!これから年末年始はとくに食べることが増えるので頑張って続けてみようと思います♡ . . . #フロムココロ#口臭#美容#ママ#pr#美容好きな人と繋がりたい#mamagirl#大人可愛い#大人女子#アラサー#very世代 #

saoriさん(@tstk1119sao)がシェアした投稿 –

フレピュアがよく褒められる点として、味がおいしいという点があります。ほかのチュアブルタイプの口臭サプリでは時折「味が合わなくて続けられなかった」という口コミが見られますが、フレピュアにはそのような口コミはありません。レモンミント味だったりヨーグルト味だったり、人によって感じ方は少しずつ異なりますが、共通しているのはおいしいというコメントです。味は続けやすさと直結しているので、この点は見逃せない利点ですね。

接客業の方は常に人と目を合わせて接しなければいけないので、そういった人が口臭ケアサプリに求められるものといえば即効性と持続性です。ブレスマイルはその点クリアしているようですね。

また信頼性という点でも歯科医師との共同開発ということなので、信頼できるポイントですね。

フレピュア・ブレスマイルのtwitterでの口コミ

こちらでも味がおいしいと褒められています。加えてパッケージがオシャレな点も見逃せません。袋にでかでかと「口臭」なんて書かれていたら人前で取り出しづらいですよね。しかしフレピュアのパッケージは石鹸を思わせるさわやかなデザインで、一見何が入っているかわかりません。これなら堂々と持ち運んで、人前で取り出してパクッと一粒口に放り込むのは恥ずかしくありませんね。

ブレスマイルの味が合わなかったという口コミです。ブレスマイルにはヨーグルトミント味とさくらんぼ味があり、このコメントだけではどちらを食べたのか判別できませんが、別の口コミではヨーグルトミント味が合わなかったというコメントがありました。ミント感が強いと好き嫌いがかなり出てくるようですね。続けられない味だと1粒でリタイアしてしまってもったいないので、味は大事です。もっとも、実際に舐めてみるまで味はわかりませんから、お試しで1粒などの試みができたらありがたいのですけどね・・・。

フレピュアとブレスマイルの味の比較

味はフレピュアのほうが美味しくて万人受けします。

舐めて溶かすチュアブル系のサプリを使うにあたって、味が美味しいかどうかというのは、実はかなり大事な要素です。味がマズいけど頑張って続ける、というのはかなり苦痛なもので、根性がないと続きません。たいていの口臭サプリは3ヶ月続けることが推奨されているので、挫折するポイントは少しでも減らしたいところですが、まずくて続けられないとなれば、スッキリが実感できないままやめてしまってもったいないです。それならできれば美味しいから自然に手が伸びるという形で続けたいもの。

ここで両者の違いをみていくと、フレピュアは公式ではレモンミント味とうたわれていますが、人によってヨーグルト味だったり少しずつ感じ方の違いがあるようです。しかし共通するのは「美味しい!」というコメントで、非常にたくさん見られます。

一方ブレスマイルはヨーグルトミント味とさくらんぼ味の2種類で、注文時に選べます。ブレスマイルはおいしいというコメントもみられる一方で、以下のようなコメントも・・・。

最初に口に入れた時は味が強烈でしたが、効果はあると思います。個人的には味になじめるまで時間がかかるかも。
引用元:楽天

このように、ブレスマイルは味に癖がある系のコメントが多く、好みがわかれそうです。合えばいいのですが、合わなかったら無理して続けることになります。そのため味は要チェックです。

この点、フレピュアは万人受けしやすい味で、まずくて続けられないといった心配はいりません。

フレピュアとブレスマイルの効果を比較・口臭に効果なし? 有効成分で比較

 

フレピュアとブレスマイルの口臭効果の比較結果は、どちらがより口臭に効くかというのは甲乙つけがたいという結果になりました。

スメルハラスメントなどという言葉も台頭してきて、今や口臭ケアは必須の時代になりつつあります。
そんな中、口臭の原因に多角的にアプローチしていく口臭サプリの存在はありがたいですね。

口臭サプリのアプローチ方法は、主に臭いの原因菌の繁殖抑制と、臭い物質への直接消臭の2種類に分かれます。その2つにわけてフレピュアとブレスマイルの有効成分を見ていくと以下のようになります。

・菌の繁殖を抑える成分
フレピュア  1種類 なた豆
ブレスマイル 2種類 シソの葉・ローレッシュ

口臭は歯周病菌が原因で発生していることが多いのですが、フレピュアに含まれるなた豆にはカナバニンという抗炎症作用のある成分と、コンカナバリンAという免疫細胞(T細胞)を活性化させる成分が含まれていて、この2種類の作用で歯周病を抑えることができます。

ブレスマイルに含まれるシソの葉にはポリフェノールの一種であるルテオリンが含まれており、このルテオリンがF. nucleatumという歯周病菌の抗菌活性効果があります。またローレッシュ(月桂樹)は日常的には洋風料理の臭み消しとして使われるハーブですが、殺菌作用があり、古くから歯医者で虫歯治療に使われてきた素材です。

・臭い物質への直接消臭成分
フレピュア  2種類 デオアタック・シャンピニオンエキス
ブレスマイル 6種類 デオアタック・柿渋エキス・センスピュール・緑茶エキス・シソの葉エキス・シャンピニオンエキス

消臭成分は種類の数ではブレスマイルに軍配があがりましたが、フレピュア・ブレスマイルいずれも配合量に関する記載がないため、いちがいにブレスマイルが有利だと断定することができません。

なお口臭のニオイ物質は、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドが三大原因とされています。いずれも含硫系(硫黄を含む)の悪臭成分ですが、口臭サプリの消臭成分は抗酸化作用でこれら悪臭物質の消臭を行います。

以上の点から考えて、口臭への効果はどちらが上か、という点は決着がつきませんでした。

フレピュアとブレスマイルのタバコの消臭効果を比較

フレピュアとブレスマイルのタバコ消臭効果を比較しました。

タバコの消臭を行うためには、フレピュアのほうが有利です。

タバコの消臭アプローチは2種類あります。それはマスキングと臭い成分の洗い流しです。

マスキングはより強い香りでタバコの臭いを覆い隠してしまうというもの。フレピュアとブレスマイルは両方ともさわやかな匂いになるため、この点では互角です。

もう一点、ニオイ成分の洗い流しという点ではフレピュアのほうが有利です。タバコに含まれるタールは水に溶けるため、うがいをするだけでも洗い流し効果があります。フレピュアには唾液分泌効果があるポリグルタミン酸が含まれているため、口の中に潤いを保ち、よりタールの洗い流しに有利です。

一方、ブレスマイルには唾液分泌効果のある成分は含まれていません。

そのため、タバコの消臭に関しては、フレピュアに軍配が上がりました。

フレピュアとブレスマイルのドライマウスへの効果を比較

フレピュアとブレスマイルのドライマウスへの効果を比較しました。

ドライマウスへの効果はフレピュアの勝ちです。

ドライマウスは老化・病気などが原因で唾液分泌が減少する現象です。唾液は乾燥を防ぐだけでなく、抗菌作用など口内の健康を保つために非常に大事な役割を果たしています。その唾液が少なくなると、歯周病の原因菌であるジンジバリス菌や虫歯などの原因菌であるミュータンス菌が繁殖しやすい環境になり、またそれらの菌が原因で口臭が発生することにもつながってきます。

ドライマウスを解決するには、恒常的な唾液分泌が必要です。そのためには唾液分泌効果があるポリグルタミン酸が含まれているフレピュアが有利です。一方、ブレスマイルには唾液分泌効果のある成分は含まれていません。

そのため、ドライマウスへの効果はフレピュアのほうが有利という結論になりました。

フレピュアとブレスマイルのニンニクへの効果を比較

フレピュアとブレスマイルのニンニクに対する消臭効果を比較しました。

結果は互角という結論になりました。

ニンニクの原因物質はアリシンという硫黄系成分です。アリシンが体内に入るとアリルメチルスルフィドという物質に変化し、あの独特なニンニク臭を生み出します。

フレピュア・ブレスマイル両者に含まれるデオアタックという成分はポリフェノールの持つ抗酸化作用をより強化した機能性消臭成分です。デオアタックはその強い抗酸化作用により硫黄系の悪臭を消臭することが実験で確かめられています。

フレピュアもブレスマイルもデオアタックが含まれることはわかっていますが、その配合量が明らかにされていません。そのため、ニンニク消臭に威力を発揮することはわかっていながら、どちらがより効果的か、というのは判断できません。

フレピュアとブレスマイルの価格を比較・最安値でお得なのはどっち?

フレピュアとブレスマイルの価格・最安値を比較しました。

続けるためには味や効果も大事ですが、価格は見過ごせないポイント。なんといってもない袖は振れません。

結論からいうと、フレピュアのほうがお得です。

最安値で買える場所はいずれも公式サイトで、最も大事な一日あたりの負担価格は、フレピュアが89円、ブレスマイルは98円となり、9円の差でフレピュアの勝ちでした。

以下、主な内容を比較してみました。

フレピュア ブレスマイル
最安値の掲載場所 公式サイト 公式サイト
初回価格 500円(送料無料) 500円+消費税+送料500円
定期コース価格 2袋5,380円(送料無料) 2,430円+送料500円
1日あたりの価格 89円 98円
特典 いきいきオリゴ 携帯サプリメント缶

このように、価格面ではフレピュアのほうが優れていました。

フレピュアとブレスマイルの返金保証を比較

フレピュアとブレスマイルの返金保証を比較しました。

両者とも返金保証制度はあり、以下のとおりです。

・フレピュア  1回分 10日以内
・ブレスマイル 3回分 90日以内

これだけ見るとブレスマイルのほうが有利に見えますが、あながち単純にそうとも言えません。ブレスマイルはそもそも3ヶ月の定期縛りがありますし、定期便を3回受け取ったあとでないと返金の申請ができません。またブレスマイルの口コミを調査すると「返金や解約にすんなり応じてもらえなかった」というクレームがまま見られます。その点は注意しておきたいところですね。

フレピュアの返金に必要なもの

※返品時に「①納品書(ご利用明細書)」「②商品」をご返送ください。
引用元:フレピュア公式サイト‐特定商取引法に基づく表記

ブレスマイルの返金に必要なもの

返金時に必要な同封物:
1.保証書
2.返金保証対象の商品パッケージ全て(開封済可)
3.返金保証対象商品のお買い上げ明細書全て
※後払いの請求書ではございませんのでご注意ください
※保証書・お買い上げ明細書の再発行はできかねますので大切に保管してください
引用元:ブレスマイル公式サイト‐全額返金保証制度について

袋なんて空になったら捨ててしまいそうなものですが、返金するためには必要なので、たとえ空っぽでも捨ててはいけません。届いたものはすべてとっておきましょう。

フレピュアは返金保証期間は10日間と短いのですが、初回の500円のみ対象なので、ワンコインを返してもらうために送料(送料は自己負担)を払って手間をかけて・・・となると、わざわざ利用しなくてもいいような気もしてきますね。

まとめると、フレピュアの返金保証は利用してもしなくてもあまり負担は変わらず、ブレスマイルの返金保証は3ヶ月たたないと利用できないのでしっかり返金ルールを読んでそのとおりにしましょう、ということです。

フレピュアとブレスマイルの販売店比較 ドンキホーテで購入可能?

フレピュアとブレスマイルの販売店・入手場所を比較しました。

結果は互角です。

フレピュアとブレスマイルは、いずれもアマゾンや楽天市場といったインターネット通販ショッピングサイトのみで手に入れることができます。薬局・ドラッグストアのマツモトキヨシや、ドンキホーテなどの量販店での取扱はありませんでした。いつも立ち寄るお店に置いていれば、ついで買いできるのでラクなんですけどね・・・。

この点、入手のしやすさは互角でした。

ただしアマゾンや楽天で買うと、下手すると3,000円以上も損してしまうので気を付けてください。多少ポイントがたまっても、千円単位で損したら意味がありません。安く買いたいなら公式サイト一択です。気を付けてくださいね。

フレピュアとブレスマイルの副作用・安全性を比較

フレピュアとブレスマイルの副作用・安全性を比較しました。

結論としては、どちらも安全で、副作用などは特にありません。アレルギーなどの敏感な体質でなければ、あまり気にする必要はないといえます。

フレピュアとブレスマイルはいずれも健康食品であって、薬ではありません。薬品なら体に急激な作用を及ぼすので、副作用は注意する必要がありますが、食品なのでそれほど厳密な注意は必要ありません。たとえばりんごを食べるときに副作用を気にすることってありませんよね。それと同じようなものです。食べ過ぎると太ったり下痢をしたりといった事態は起こるかもしれませんが、それは過剰摂取から起こる問題で、副作用とは別の話です。フレピュアもブレスマイルも1日1粒程度で飲んでいれば、いずれも全く心配はいりません。

また有効成分はいずれもすべて自然由来の成分なので、この点でも安心して口に入れられますね。

フレピュアとブレスマイルの原材料

・フレピュア
マルトース、還元麦芽糖水飴、デキストリン、有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)、シャンピニオンエキス末、ナタマメ茶末、レモン果汁末(大豆を含む)、コーヒー生豆抽出物、ビフィズス菌乾燥原末(乳成分を含む)/ソルビート、香料、ポリグルタミン酸(大豆由来)、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、酸味料(クエン酸)、甘味料(スクラロース)

・ブレスマイル
ぶどう糖(国内製造)、イソマルトオリゴ糖粉あめ、澱粉分解物、シソ種子抽出物、ゲッケイジュ葉抽出物、難消化性デキストリン、植物抽出エキス末(ゴマを含む)、乳糖、緑茶抽出物、パセリ粉末、クローブ粉末、セージ粉末、ローズマリー抽出物、デキストリン、ガラクトオリゴ糖液糖、米胚芽・大豆発酵抽出物(大豆を含む)、コーヒー生豆エキスパウダー、ゴボウパウダー、ユッカ抽出物、マッシュルームエキス、マルトデキストリン、乳酸菌(殺菌)(乳成分を含む)、乳酸菌、澱粉、ビフィズス菌乾燥原末(乳成分を含む)、キラヤ抽出物/トレハロース、甘味料(キシリトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、クエン酸、香料、環状オリゴ糖、鉄クロロフィリンNa、リンゴ酸、柿抽出物、ラクトフェリン(乳由来)、炭酸Na、グルコースオキシダーゼ、ラクトパーオキシダーゼ(乳由来)

フレピュアとブレスマイルの妊娠中の安全性を比較

フレピュアとブレスマイルの妊娠中の安全性を比較しました。

両者とも、一応安全とはいえるのですが、妊娠中は特に敏感な時期ですので避けたほうが無難です。

なお、フレピュアQ&Aには以下の記載があります。

Q.妊娠中・授乳中にのんでも大丈夫?
A.妊娠中や妊娠直後の女性のカラダはとてもデリケートな状態です。ご使用に際して、フロムココロでは推奨いたしておりません。気になる方は、担当の医師にご確認下さい。
引用元:フレピュア公式サイト

補足するとフレピュアには妊娠中に摂取してはいけない成分というのは特に含まれていません。しかし万一のことがあっては大変なので念のためといった意味合いと考えられます。

ブレスマイルも特に危険な成分などは入っていません。公式サイトにはフレピュアのようなQ&Aはなく、公式見解はわかりませんでしたが、フレピュアの例にならって使用は避けたほうが無難です。

フレピュアとブレスマイルのアレルギー物質を比較

フレピュアとブレスマイルのアレルギー物質を比較しました。

結論としては、牛乳と大豆アレルギーの人は避けたほうが良いということです。

アレルギー物質として特に気を付けなければいけないものの中に、特定原材料7品目、特定原材料に順ずるもの20品目、計27品目が設定されています。フレピュアとブレスマイルにこれらが成分として含まれているかどうかについて調べました。結果は以下の通り。

・フレピュア  牛乳、大豆、
・ブレスマイル 牛乳、大豆、ゴマ

両方とも腸を元気にするために乳製品由来の乳酸菌などを使用しているので致し方ないところではありますが、これらのアレルギーがある人は、利用は避けたほうが無難です。

フレピュアとブレスマイルの薬と併用の危険性を比較

フレピュアとブレスマイルの薬と併用の危険性を比較しました。常時薬を服用している人は、薬によっては日々の食事で危険な飲み合わせになる食品が含まれているかどうかをチェックしなければならない場合もあります。

さて結論はいずれも危険性なしとの結果になりました。

唯一引っかかりそうなのが牛乳との飲み合わせでした。薬によっては、牛乳と一緒に摂取することで高カルシウム血症を引き起こすものもあります。しかし、薬との飲み合わせで気にしなければいけないのは牛乳そのものではなく牛乳に含まれるカルシウムです。フレピュアやブレスマイルに含まれているのはカルシウムではなく乳酸菌やビフィズス菌であってカルシウムではありません。この点、薬との併用による危険性はないといえます。

フレピュアとブレスマイルの子供への安全性を比較

フレピュアとブレスマイルの子供への安全性を比較しました。

結果は両者とも安全という結論になりました。

子供によっては小学生ぐらいから口が臭う場合があるようです。こうなると親としては心配ですよね。健康被害がないとはいえ、友人関係などは気をもむところです。

そこで調査しましたが、成分的にはフレピュアもブレスマイルも子供が摂取してはいけないような原材料は含まれていません。唯一、両者とも微粒二酸化ケイ素という乾燥剤が含まれていますが、これは乳児への摂取が制限されているだけで、あとはほぼ全年齢対象です。乳児に口臭サプリを飲ませる人はいないだろうと考えられますので、基本的に年齢は気にしないでいいポイントです。

フレピュアとブレスマイルの使い方を比較・両方とも舐めて溶かすチュアブルタイプ

フレピュアとブレスマイルの使い方を比較しました。

フレピュアとブレスマイルはの飲み方はまったく同じで、両方とも舐めて溶かすチュアブルタイプのタブレットです。

またパッケージも持ち歩いて気にならないオシャレなデザインなので、人前でも平気で取り出せます。また即効性が期待できるので、食事後やデートの前などでサッと口に入れればすぐスッキリできます。

成分を口内に十分に浸透させるために、噛み砕くのではなく舐めてゆっくり溶かすことを心がけましょう。

マウスウォッシュや歯磨きなどのあとは、お口の中がじゅうぶんキレイになっているので、もったいないので服用はやめましょう。普段の口臭ケアとも併せてやっていくことでさらにスッキリが実感できることでしょう。

フレピュアとブレスマイルの解約のしやすさで比較

フレピュアとブレスマイルの解約のしやすさを比較しました。

結論としては、フレピュアのほうが解約しやすいです。

フレピュア ブレスマイル
解約方法 メール・電話・FAX 電話
定期縛り なし 3回
解約引き留め 口コミなし  口コミあり

フレピュアはメールでも解約できるのに対し、ブレスマイルは電話でしか解約できません。またフレピュアでは解約にてこずったという口コミはありませんでしたが、ブレスマイルは運営会社に電話しても解約・返金にすんなり応じてもらえず不満を感じたという口コミが多くみられました。さらに定期縛りの面においても、フレピュアはいつでも解約できるのに対し、ブレスマイルは定期縛りがあり、定期便が3回到着したあとでないと解約ができません。

補足するとフレピュア販売会社・フロムココロの公式サイトにはQ&Aページがあるのに対し、ブレスマイルの販売会社・bizento公式ページにはそれがありません。お客様対応はフレピュアのほうが丁寧にやっているという印象がありますね。

以上のことから、いざ解約したいと思ったときにすんなり解約できるのはフレピュアです。