[フレピュアの副作用]効かない?成分・効果・安全性を検証!

[フレピュア/副作用]副作用がない3つのポイント

口臭予防サプリ・フレピュアの副作用について検証しました。

結論からいうと、フレピュアは極めて安全で、副作用などは特にありません。

まず大前提として、フレピュアは健康食品であって、医薬品ではありません。薬であれば用法用量が厳密に定められていますし、人工的に体内の変化を引き起こすものなので、体のどこかでひずみがうまれて副作用という形で出てきます。

しかし、健康食品は不足している栄養を補い、体内のバランスを整えるものです。そのため薬のような急激な変化を引き起こすことはありません。だから体の中にひずみを生むこともなく、安全に続けられるというわけです。

ただしなんでも摂りすぎはよくありません。お肉を食べ過ぎると下痢をするのと同じように、一度で一袋全部食べてしまってから「下痢をした!フレピュアは危険だ!副作用だ!」というのは誤りで、これはただの程度問題です。

以上のようなことを踏まえつつ、フレピュアが安全である3つのポイントについて見ていきます。

安心ポイント① 主成分はすべて天然由来

フレピュアの消臭成分はすべて天然由来です。

タイムリーな汚臭の消臭を担ってくれる成分はなた豆とポリグルタミン酸。

なた豆は聞きなれない名前かもしれませんが、見ての通り豆類です。

ポリグルタミン酸は納豆のネバネバから抽出されるものです。

蓄積された悪臭の消臭を担ってくれる成分はシャンピニオンエキス、デオアタック、有胞子性乳酸菌、ビフィズス菌です。

シャンピニオンとはフランス語でマッシュルームのこと。シャンピニオンエキスはマッシュルームから抽出されるエキスです。

デオアタックは高砂香料工業という香料系の製造会社が開発した機能性素材で、植物由来のポリフェノールが主な材料です。

有胞子性乳酸菌とビフィズス菌は言うまでもなくヨーグルト由来です。

このように、フレピュアの消臭成分はすべて自然由来のもので構成されています。

安心ポイント② 安心の国内生産

フレピュアは安心の国内生産です。

工場の海外進出が進み、中国や東南アジアに工場があるメーカーも今では珍しくなくなりました。家電や洋服ならそれでも問題ありませんが、食品は口に入れるものですから、雑な扱いをされては困ります。こういう考えは万国共通のようで、中国人のお母さんは、中国で作られた粉ミルクは安全性が信用できないとして買わず、日本製の粉ミルクを買うそうです。このように、やはり健康に直結する商品は、信頼のおける日本国内で製造していてほしいですよね。

さて、フレピュアはその点でも安心で、静岡の工場で作られています。このことは公式サイトにも明言されているので、製造場所に関しては一安心といったところですね。

安心ポイント③ 子供からお年寄りまでほぼ全年齢対象

フレピュアは子供からお年寄りまでほとんどどの年齢でも使用できます。

お口のニオイで悩む方は、早ければ中学生ぐらいからこうした悩みを抱えていますし、また、高齢になってからでもしっかりニオイのケアをしたいというニーズは強いようです。

フレピュアは胃腸に強い負担をかけるような成分は含まれていませんし、目安にある1日1粒の量を守っていれば、食べてはいけない年齢というものはありません。

唯一、赤ちゃんだけは摂取を制限される成分が含まれていますが、ミルク生活の赤ちゃんにタブレットを飲ませるお母さんはなかなかいないでしょうから、あまり考えなくてもいいところです。

以上の点から、フレピュアは子供からお年寄りまでほぼ全年齢対象のサプリです。

→→初回87%OFFの500円で買える特別キャンペーンを見てみる

フレピュアボタンリンク「87%OFF」

[フレピュア/副作用]安全

フレピュアは極めて安全なサプリメントです。

サプリは健康補助食品ですから、もし有害な成分が入っていて、飲み続けた結果、健康を損なってしまったら本末転倒です。しかし、フレピュアには有害な成分はいっさい含まれていません。

またアレルギー物質に関してもきちんと知っておく必要があります。いくら体に良いといっても、自身のアレルギー物質が含まれていたらそもそも飲めません。実際に、フレピュアには乳製品や大豆、納豆由来の成分が含まれています。これらのアレルギーを持っている方は購入を控えたほうが良いですね。

さらに、製造体制についてもチェックしておきたいところです。口に入れるものだから当然衛生的で管理の行き届いた工場で生産されているものと私たちは思っていますが、そうでない例があるのは巷のニュースを見てよくご存じでしょう。しかしフレピュアにはそうした心配は無用で、きちんと国内で管理の行き届いた工場で作られています。

こうした成分の安全性、アレルギー物質の有無、製造体制の3つの観点から徹底検証しました。

その結果、フレピュアは極めて安全という結論になりました。

以下、順に解説していきます。

成分

安全性を確かめる上で、なんといっても最初に気になるのは成分です。

有害なものが含まれていないか、飲み続けても大丈夫か、という疑問は最初に解消しておきたいところですよね。

そこでフレピュアに含まれている成分の安全性を1つ1つ検証しました。

結果、改めてわかったのは、フレピュアには健康を害するような成分は入っておらず、きわめて安全だという事実です。

フレピュアは16種類の原材料から構成されていますが、そのほとんどが自然由来である上、摂取量を制限されている成分はわずか1種類。それも目安どおりに飲んでいればまったく問題がなく、副作用などもありません。

そのため、フレピュアは毎日安心して続けられるサプリと言えるでしょう。

以下、成分を安全性の観点から1つ1つ紹介していきます。なお順番は食品表示の順、つまり配合量が多い順に並んでいます。

マルトース

マルトースの安全性について解説します。

結論からいうと、マルトースは自然由来の甘味料なので安全です。

マルトースは和名を麦芽糖といい、でんぷんを麦芽酵素で分解して作られる甘味料です。

砂糖の仲間と思っていただければわかりやすいでしょうか。ちなみに麦芽糖はブドウ糖が2つくっついたもの、砂糖はブドウ糖と果糖がくっついたものという違いがあります。

甘さは砂糖より控えめで、通常の甘味料としても使用されるほか、マルツエキスといって赤ちゃんの整腸剤にも使われています。お医者さんでよく処方されるものなので、小さな子供を育てているお母さんなら、このマルツエキスのお世話になった方も多いのではないでしょうか。

ということで、マルトースは赤ちゃんに飲ませても問題ないほど安全性が高いので、安心して使えますね。

還元麦芽糖水飴

還元麦芽糖水飴の安全性について解説します。

結論からいうと、還元麦芽糖水飴の安全性にはまったく問題ありません。

還元麦芽糖水飴はお菓子や調味料などにもよく使われる自然由来の甘味料です。ガムや焼き肉のたれなどの成分表示でよく見かけますね。

主な原料はでんぷんで、ブドウ糖とソルビトールがくっついたものです。ちなみにソルビトールはリンゴなどに含まれる糖アルコールです。両方とも天然由来なのがわかりますね。

砂糖に近い甘みをもっていますが、砂糖とちがって低カロリーで、摂取しても血糖値が上がらないため、糖尿病の人の食事などでは砂糖の代わりとして重宝されています。また虫歯菌の栄養にならないため、虫歯になりにくい甘味料としても知られています。

そのため、還元麦芽糖水飴は安全といえます。

デキストリン

デキストリンの安全性について検証します。

結論からいうと、デキストリンの安全性にはまったく問題ありません。

デキストリンは液体の原料を粉末にするときに使用されています。これを使えば醤油やソースなどの調味料をパウダー状にできるので、ポテトチップスやカップラーメンなどの味付けには欠かせないものです。インスタント食品やお菓子をよく食べる人なら、わりと日常的に摂取しているのではないでしょうか。

さて、デキストリンの由来はトウモロコシやジャガイモに含まれるでんぷんです。でんぷんは生き物のエネルギー源であるブドウ糖がいくつもつながってできたもので、自然由来のものです。

そのため、デキストリンは安全です。

有胞子性乳酸菌

有胞子性乳酸菌の安全性について解説します。

乳酸菌ならみんな知っていますが、「有胞子性」というのはあまり聞きなれない言葉ですよね。

「胞子ってカビのこと?」なんて警戒してしまう人もいるかもしれませんが、大丈夫、安心してください。カビではありません。少し怪しいような印象があるかもしれませんが、腸を整えるサプリなどにはときどき使われる原材料で、安全性には問題ありません。

有胞子性乳酸菌は、胞子に包まれた乳酸菌のことです。

乳酸菌は胃液に弱いものが多く、ふつうに口から摂取すると、胃酸で分解されてしまって腸まで届きません。しかし、有胞子性乳酸菌は、その胞子がカプセルのような役割を果たすため、胃酸や熱に比較的強いという特性を持っています。

そのため、胃で溶けてしまわずに、無事に腸に到達できて本来の役割を果たせるというわけです。

イメージとしてはカプセル入り乳酸菌という感じなので、安全性にはまったく問題ありません。

シャンピニオンエキス末

シャンピニオンエキス末の安全性について解説します。

また聞きなれない名前が出てきましたね。でも安心してください。シャンピニオンとはフランス語でマッシュルームのこと。すなわちシャンピニオンエキスとは、マッシュルームキノコからとれたエキスのことです。これを粉末状にしたものがフレピュアに配合されています。

シャンピニオンは一般にはあまり耳にしない成分ですが、腸を整え、消臭効果をもたらす働きがあるとして、消臭サプリなどの分野ではよく見る成分です。

また食品衛生法の使用基準では、食品添加物ではなく食品として取り扱うことになっています。

安全な食材から抽出されており、食品に分類されるものなので、安全性にはまったく問題ありません。

ナタマメ茶末

ナタマメ茶末の安全性について解説します。

結論からいうと、ナタマメの安全性にはまったく問題ありません。

ナタマメは漢字で「刀豆」や「鉈豆」と書きます。その名の通りナタのような大きさで、見た目はさやいんげんが巨大化したものを想像してください。

主に鹿児島県などで食用として栽培されていて、ほかの豆類とちがってあまりスーパーなどでは見かけませんが、地元では主に漬物の材料として、他ではその効能をいかしてお茶や歯磨き粉、サプリなどに利用されているようです。いずれにしても食用の農産物なのできわめて安全といえます。

なお、ナタマメにはほかの豆類と同じくレクチンというたんぱく毒が含まれていますが、十分加熱すればたんぱく質は不活化して機能を失うので安全です。豆類はとにかく最初に茹でますよね。この過程を経て無害なものになるんですね。

総じて、ナタマメは安全といえます。

レモン果汁末(大豆を含む)

レモン果汁末の安全性について解説します。

フレピュアの味はレモンミント味で、レモン果汁粉末はその味を出すための役割をしています。ラムネをはじめ、こうしたレモン系のフレーバーを出したいときによく使用されていますね。

さて、レモンはいうまでもなく果物ですから安全です。

ただし、このレモン果汁末は「大豆を含む」と書かれています。そのため大豆アレルギーのある方は要注意です。また、意外と見落とされがちなのが果物アレルギーです。果物を食べて気分が悪くなった、じんましんが出たなどといった経験はありませんか? 心当たりがあるのなら、大豆同様に気を付けていただいたほうが良いですね。

加工食品の場合、アレルギー物質は加工の過程で変質し、無害化される例も多いのですが、油断は禁物です。

そうした点を除けば、レモン果汁末は安全です。

コーヒー生豆抽出物

コーヒー生豆抽出物の安全性について解説します。

結論からいうと、コーヒー生豆抽出物の安全性にはまったく問題ありません。

そもそもコーヒー味でもないのにどうしてコーヒー成分が含まれているのかと疑問に思った方もいるかもしれませんね。もちろん、コーヒーのフレーバーを追加するためではなく、ここでは酸化防止剤としての役割を果たしています。いわゆる食品添加物ですね。

食品は空気中の酸素に触れているだけで酸化していきます。腐敗と混同されやすいのですが、腐敗は微生物による変化、酸化は酸素による変化です。腐敗したものを食べるとお腹を壊しますよね。酸化してしまったものは、お腹を壊すようなものになってしまったり、色が変わってしまったりします。

コーヒー豆抽出物は、そうした良くない変化を防止して、品質を長く良好に保つために使用されているものです。

もともと自然のものですし、安全性にはなんら問題ありません。

ビフィズス菌乾燥原末(乳成分を含む)

ビフィズス菌乾燥原末の安全性について解説します。

結論からいうと、ビフィズス菌乾燥原末の安全性にはまったく問題ありません。

ビフィズス菌は今さら説明するまでもありませんが、腸を整える善玉菌として知られています。もともと腸内に生息している菌ですし、ビフィズス菌入りのヨーグルトはスーパーなどでもよく見かけ、私たちが日常的に摂取しているものです。

また食べ過ぎても問題がないことも実験で証明されていて、ヨーグルトを販売する企業が、ビフィズス菌入りのヨーグルトの過剰摂取試験をよく行っていますが、健康被害が出た例は確認されていません。

参考までに、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所のサイトではビヒダスプレーンヨーグルトの試験明治ブルガリアのむヨーグルトCaの試験などが行われ、いずれも被験者は健康であったという結果になっています。

そのため、ビフィズス菌乾燥原末は安全です。

ソルビトール

ソルビトールの安全性について解説します。

ソルビトールはソルビットやソルビットともいわれます。もっとも一般的な名称はソルビトールなので、ここではこちらを使用します。

ソルビトールはもともとリンゴやプルーンなどに含まれている糖アルコールで、自然由来の物質です。甘みを出すための食品添加物としてガムやキャンディー、まんじゅうなどにもよく使われています。

また、溶けるときに熱を奪っていくので、冷たいと感じます。フレピュアはレモンミント味ですが、このミント感を出すのにも一役買っていると考えられます。

このソルビトールですが、食べ過ぎると下痢をする可能性があります。

あくまで食べ過ぎるとという前提なので、1日1粒の目安を守って飲んでいれば、特に問題はなく安全といえます。

日本食品化学研究振興財団では食品添加物の安全性評価をしていますが、ソルビトールに関しては「ADIを特定しない」と記載されています。「ADI」とは一日で摂取してもいい最大量を指し、「特定しない」というのは特に制限がないことを指します。つまりソルビトールは一日摂取量の上限が決められていません。こうしたことからも、日常摂取には問題がないといえます。

参考:日本食品化学研究振興財団‐指定添加物(規則別表一)のJECFAによる安全性評価

ということで、ソルビトールは安全といえます。

香料

香料の安全性について解説します。

結論からいうと、香料の安全性にはまったく問題ありません。

今回の場合、「香料」としか記載がなく、どの香料かを特定することができません。しかし、こうした記載方法には理由があります。

(前略)使用量も百万分の1桁台と極めて少なく、微量な成分を数十種類も調合してつくられているフレーバーは、配合した物質名をすべて表示するとかえってわかりにくいことから、一括して香料とだけ表示されます。
日本香料工業会HPより

また香料には合成香料と天然香料がありますが、引用元の日本香料工業会によると、合成香料といっても化学組成は天然香料と変わらず、いずれも配合量は一日許容摂取量(ADI)を十分に下回っているとのこと。

そのため、香料は安全といえます。

ポリグルタミン酸(大豆由来)

ポリグルタミン酸の安全性について解説します。

結論からいうと、ポリグルタミン酸の安全性にはまったく問題ありません。

ポリグルタミン酸はアミノ酸の一種であるグルタミン酸がたくさんつながったもので、納豆のネバネバ成分として知られています。血糖値の上昇を抑える働きがあるほか、保湿作用があるとして、フレピュアをはじめ消臭サプリなどにもよく使われています。

さて、このポリグルタミン酸、納豆由来なので特に危険性はないのですが、納豆は大豆なので、大豆アレルギーのある方は要注意。使用を避けるか、使ってみたい場合はかかりつけの医師に相談してください。

それ以外は特に食品事故報告もないですし、何よりアミノ酸はもともと体に必要で日常的に摂取しているものですから、安全といえます。

ステアリン酸Ca

ステアリン酸カルシウムの安全性について解説します。

結論からいうと、ステアリン酸カルシウムの安全性にはまったく問題ありません。

ステアリン酸カルシウムは医薬品などの錠剤を作るさいに使われる食品添加物で、表面を滑らかにしてツヤツヤした光沢を出すために使われます。

使用量については、WHO(世界保健機構)の会議で「ADI(一日摂取許容量)を特定しない」と定められています。

(出典:食品安全委員会‐ステアリン酸カルシウムを添加物として定めることに係る食品健康影響評価に関する審議結果(案)(pdf)

一日の摂取量に制限がないということは、食品添加物の中でも極めて安全だという判断がなされたということになります。

そのため、ステアリン酸カルシウムは安全です。

微粒酸化ケイ素

微粒酸化ケイ素の安全性について解説します。

結論からいうと、微粒酸化ケイ素の安全性にはまったく問題ありません。

まず、微粒酸化ケイ素は微粒二酸化ケイ素、酸化ケイ素、微粒シリカゲルといったさまざまな名称がありますが、すべて同じものです。

微粒酸化ケイ素は乾燥剤のような役割を果たしていて、湿気で袋の中がベタベタになるのを防ぎます。

腸で吸収されず排泄されるので、人体には影響を及ぼさないのですが、乳児に対しての使用と、ケイ酸カルシウムとの併用は制限されています。

微粒二酸化ケイ素は,母乳代替食品及び離乳食品に使用してはならない。
微粒二酸化ケイ素の使用量は,二酸化ケイ素として,食品の 2.0%以下でなければ
ならない。ただし,ケイ酸カルシウムと併用する場合(特定保健用食品及び栄養機能
食品たるカプセル剤及び錠剤にケイ酸カルシウムを使用する場合を除く。)は,それ
ぞれの使用量の和が食品の 2.0%以下でなければならない。

出典:厚生労働省‐ケイ酸カルシウムの使用基準の改正に関する部会報告書(案) 

こうした注意点がありますが、フレピュアの場合は特に問題ないといえます。赤ちゃんにフレピュアのような固い固形物を飲ませる人はまずいないでしょうし、二酸化ケイ素はフレピュアには含まれていません。いずれも通常に使用している限りは心配いりません。

総じて、フレピュアに含まれている微粒酸化ケイ素は安全といえます。

酸味料(クエン酸)

クエン酸の安全性について解説します。

結論からいうと、クエン酸の安全性にはまったく問題ありません。

クエン酸はレモンや梅干しなどにふくまれる酸味成分で、梅干しが体の疲れをとるのはこの働きによるといわれていますね。そのほかにも血液をサラサラにしたり、ミネラルの吸収を助けたりと良い働きをしてくれます。

またフレーバーの面でも配合するとスッキリ感が出るので、清涼飲料水をはじめとするいろいろな加工食品に添加物として使用されています。

工業的には糖蜜やでんぷんを発酵して作られているので、自然由来です。摂取制限はなく、日本食品化学研究振興財団によるADI(一日摂取許容量)は「制限しない」となっています。

そのため、クエン酸は安全です。

甘味料(スクラロース)

スクラロースの安全性について解説します。

結論からいうと、過剰摂取しなければスクラロースの安全性には問題ありません。

スクラロースは砂糖を原料として作られる人工甘味料で、コカ・コーラをはじめ、ジュースやガムなどに幅広く使用されています。ノンカロリーかつ砂糖の600倍の甘さがあるため、少量で甘さを出すことができます。

スクラロースは危険だという論調で煽り立てている記事をときどき見かけますが、過剰反応といえます。それは例えるなら「塩分を摂りすぎると死亡するから塩分は摂ってはいけない」と言っているのと同じで、過剰摂取することでようやく起こる問題を、さも普段から起こっているようかのような主張は、実態を正しく表しているとは言えません。

安全性をデータで検証してみましょう。

アメリカ食品医薬品局(FDA)では、スクラロースのADI(一日摂取許容量)は体重1kgあたり5mgと定められています(コカ・コーラHPより)。

日本のADIはそれより緩く、体重1kgあたり15mgとなっています(日本食品化学研究振興財団HPより)。

ここではより厳しいアメリカ基準で考えてみます。

・小学1年生(体重20kg) 一日摂取量の上限は5mg×体重20kg=100mg
・成人女性(体重45kg) 一日摂取量の上限は5mg×体重45kg=225mg
・成人男性(体重65kg) 一日摂取量の上限は5mg×体重65kg=325mg

ダイエットコークのスクラロース含有量は1本あたり60mg。小学生1年生だと、ダイエットコークを約1.6本飲めば許容量に達することになります。

それではフレピュアに含まれているスクラロースの量はどれくらいでしょうか。公式サイトなどでも含有量は明かされていませんが、推量は可能です。まずフレピュア本体の重量は1粒1g。食品表示は含有量の多い順に掲載するルールがあり、フレピュアではスクラロースの掲載順は16番目、最後です。仮に16番目までの成分がまったく同じ量が配合されているとして、スクラロースの配合量は1g÷16=約60mg。けっこう多いように思えるかもしれませんが、これは論理的に考えうる最大量を計算したもので、フレピュア1粒にスクラロースが60mg含まれていると考えるのは非現実的です。掲載順から考えても、実際に含まれている量はその1/10以下でしょう。仮に1/10なら6mg。先ほどのADIと照らし合わせても、何ら問題のない量です。

次に、副作用について見ていきます。

副作用に関しては、2008年にアメリカの学会誌に掲載された論文が参考になります。実験内容はスクラロースを含む食べ物をラットに12週間食べさせたあと、その影響を見るというもの。スクラロースの摂取量は1日あたり1.1mg~11mg/kgです。

実験結果は、総嫌気性菌、ビフィズス菌、乳酸菌、バクテロイデスの数、クロストリジウム、総好気性細菌が減少したというもの。簡単に言うと腸内の善玉菌が減ったということです。

フレピュア1粒に含まれているスクラロースが6mgと仮定すると、小学1年生(体重20㎏)が食べたときのスクラロース摂取量は体重1㎏あたり0.3mg。成人男性(65㎏)なら0.1実験の下限の1.1mgのおよそ1~3割です。これほど少量の摂取での実験結果はありませんので健康への影響は不明です。

なお、日本食品化学研究振興財団に提出された実験結果としては、日本でのADI(15mg)の100倍以上の投与量でラットやモルモットでの実験を行っていますが、死亡例や発がん例などはありませんでした。

以上のことを総合的に考えても、フレピュアの通常の摂取でスクラロースが健康に悪影響を及ぼす可能性は極めて低く、安全であるといえます。

→→副作用のない安全な消臭サプリ・フレピュアの特別キャンペーンを見てみる

フレピュアボタンリンク「87%OFF」

アレルギー

アレルギーを持っている人は、うっかり食べてしまうと中には命に係わるものもあり、アレルギー物質が含まれているかどうかは気にしたいところですよね。

さて、フレピュアにおいては、表示が義務付けられている7種類の特定原材料の中で含まれている可能性のあるものは「乳製品」です。

また、特定原材料に準ずる20品目の中では、フレピュアに含まれている可能性のあるものは「大豆」です。

それ以外でも納豆やレモンなども人によってはアレルギー症状が出ますので、これらのアレルギーをお持ちの方はフレピュアの摂取を控えたほうがよさそうです。

また、本当はアレルギーはありますが、本人がそれを自覚していない場合も考えられます。フレピュアを摂取したことで蕁麻疹や吐き気など、アレルギー症状のようなものが出てしまったら、それ以上食べずに、かかりつけの医師に相談してください。

乳製品アレルギー

乳製品はいろいろな食品に含まれているので、乳製品を摂らないようにするのは一苦労です。

それではフレピュアの場合はどうかというと、乳製品由来のビフィズス菌が含まれていますが、これによるアレルギーの心配はないといえます。

アレルギーの原因は特定のたんぱく質で、ミルクそのものではありません。そのため着目すべきはミルクそのものではなくミルクに含まれているアレルゲンたんぱくがフレピュアに含まれているかということです。

さて、ミルクアレルゲンとなるのはカゼインというたんぱく質で、ビフィズス菌とは直接関係がありません。そのため乳製品アレルギーの心配はないといえます。

心配な方は念のため一度医師に相談するといいでしょう。

大豆アレルギー

フレピュアには大豆由来の成分が2つ含まれています。
・ポリグルタミン酸
・レモン果汁末

この中で、ポリグルタミン酸は大豆といっても大豆そのものではなく納豆に関係する成分になります。大豆アレルギーと納豆アレルギーの原因物質は違うので、ポリグルタミン酸については後述します。

さて、フレピュアの成分表示には「レモン果汁末(大豆を含む)」と記載されています。レモンと大豆には関係がないように思えますが、粉末にする際に大豆由来の原料を使っていると推測されます。

大豆に含まれるアレルゲンたんぱくは、発酵する場合はその過程で変質するため、醤油やみそは大豆アレルギーの方であっても食べることができます。それ以外の加工品ではたんぱく質が変質しないため、不可です。

それではフレピュアはどうかというと、どのような原料が使われているのか、それが大豆アレルゲンとなる特定のたんぱく質に該当するのかが不明なので、安全だと断言することができません。

そのため、大豆アレルギーの方はフレピュアの使用を控えたほうがよさそうです。

納豆アレルギー

大豆アレルギーと納豆アレルギーは原因が違うので分けて考えます。

フレピュアには納豆アレルギーの原因物質であるポリグルタミン酸が含まれています。

PGAは非常に話題になっている納豆アレルギーの原因抗原です。納豆は発酵してさまざまな物質を産生するわけですが、その中で粘着物質がPGAの成分です。
はらだ皮膚科クリニック 原田院長の講演より

PGAとはポリガンマグルタミン酸のことで、ポリグルタミン酸の一種です。納豆のネバネバ成分はこのPGAなので、納豆アレルゲンに該当します。

そのため、納豆アレルギーの方はフレピュアの購入は控えてください。

安心

フレピュアのような口に入れる食品は特に、安全な材料を使っているのか、どんな場所で作られているのかというのは気になるところですよね。いくら味がおいしくても、いくらエチケットケアができるといわれても、衛生面で問題があるようなものは口にしたくありません。

しかし、フレピュアの場合は安心です。結論からいうと、材料は天然由来のものがほとんどで、製造過程においても国内生産で厳しい品質管理のもとで作られています。そのため、信頼性は折り紙付きといえます。

なお、HACCPや有機JASマーク認証などはされていないようです。

では、製造過程について具体的に見ていきましょう。

以下、順に解説していきます。

国内製造

フレピュアは安心の国内生産です。

口にするものが国産かどうか、というのは気にしておきたいポイントです。

過去に中国のマクドナルド工場で、床に落ちたチキンナゲットの原料をそのまま製造ラインに戻す動画が公開されて大きな話題となりました。公開されたからこそ私たちはそれを知っていますが、公開されなかったらろくにチェックもされないまま、今でも不衛生な食品をそうと知らずに食べ続けていたことでしょう。

そう考えるとやはり、メイドインジャパンを期待したいですよね。特に口に入れるものならなおさらです。

その点、フレピュアは安心の国内生産です。

FREPURE(フレピュア)は、お客様が安心してご愛飲できる様に、GMP(Good Manufacturing Practice)認定の品質管理を徹底している静岡の工場で製造されています。ご安心してご利用下さい。
公式サイトQ&Aより

GMP認定についてはあとで詳しく説明しますが、静岡という具体的な地名も出てきているので、きちんと日本国内で作られている、という点で安心していいところですね。

GMP認定

先ほど出てきたGMP認定について解説します。

たとえ国内製造であっても、素人任せでいい加減に作っていないかどうかというのは気にかかるところです。

さて、フレピュアの製造工場はGMP認定を受けており、高い品質管理基準で製造されています。

GMPとは?
Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」といいます。GMPは原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」を求めています。
公益財団法人日本健康・栄養食品協会HPより

GMPはアメリカ発の制度で、もとは医薬品の製造管理をするために発達したものです。医薬品と同じ厳しい基準で製造されているので、大きな安心材料のひとつといえます。

またGMPは自動車免許のように一度取得すれば半永久的に資格が保持できるというものではなく、3年に一度審査を受けて認定を更新しなければいけません。そのため、GMP認定を保持し続けているということは、高い品質管理が維持されているという証拠です。

自然由来

原料が自然由来かどうかというのは気になるところ。いくら体にいいといわれても中身が人工物で固められていたらちょっとイヤですよね。

ということで、成分の由来をまとめてみました。

以下に示すように、ほとんどが自然由来という結果になりました。

成分 原材料 由来
マルトース でんぷん 自然由来
還元麦芽糖水飴 でんぷん 自然由来
デキストリン でんぷん 自然由来
有胞子性乳酸菌 乳製品 自然由来
シャンピニオンエキス末 マッシュルーム 自然由来
ナタマメ茶末 ナタマメ 自然由来
レモン果汁末 レモン 自然由来
コーヒー生豆抽出物 コーヒー 自然由来
ビフィズス菌乾燥原末 乳製品 自然由来
ソルビトール ブドウ糖 自然由来
香料 種類不明のため不明 不明
ポリグルタミン酸 納豆 自然由来
ステアリン酸Ca 不明 不明
微粒酸化ケイ素 ケイ素 自然由来
クエン酸 でんぷんまたは糖 自然由来
スクラロース ショ糖(砂糖) 自然由来

フレピュアボタンリンク「87%OFF」

[フレピュア/副作用]妊娠中

妊娠中や授乳中は何かと気を遣う時期。おなかの中の赤ちゃんはお母さんから栄養をもらっていますし、生まれてからも母乳はお母さんが口にするものに影響を受けるようなので、口にするものは特に入念にチェックしたいところですよね。

さて、妊娠中や授乳中に口臭予防サプリ・フレピュアを食べるのは控えたほうがよさそうです。

公式サイトには以下のようなQ&Aがあります。

Q 妊娠中・授乳中にのんでも大丈夫?

A 妊娠中や妊娠直後の女性のカラダはとてもデリケートな状態です。ご使用に際して、フロムココロでは推奨いたしておりません。気になる方は、担当の医師にご確認下さい。

公式サイトQ&Aより

なお成分を検証したところでは、妊娠中や授乳中の摂取を制限するような原料は含まれていませんでした。

また、Q&Aでも「食べてはいけない」ではなく「推奨していない」という穏当な表現になっていることから、メーカーの言わんとするところは「妊娠中に食べてはいけないという根拠はないが、何かあっては大変だから念のためやめておいたほうがいい」という程度の意味合いだと考えられます。

特に妊娠後期・出産前後は人一倍気をつけないといけない時期なので、子供の安全を考えるとフレピュアの摂取を控えたほうがよさそうです。

と、このような状況ですが、それでも始めてみたいという方や、それまで続けていたけど妊娠・出産してからも解約せず続けていきたいという方は、一度かかりつけの産婦人科医に相談することをおすすめします。

フレピュアボタンリンク「87%OFF」

[フレピュア/副作用]何歳から

小学生や中学生のうちからニオイがしてくると、親としては心配。試しに口臭予防サプリメントを飲ませてみたいけれど、果たしてこの子に飲ませても安全なのか?というのは気にかかるところですよね。

さて、フレピュアに関しては、乳児以外であれば問題ありません。

といっても、乳児に固くて大きなタブレットを飲ませる人はいないでしょうから、ほぼ全年齢対象といえます。

なおほかにも安全性に関して、乳児に飲ませてはいけない根拠として、原材料に微粒酸化ケイ素(微粒二酸化ケイ素)が含まれていることが挙げられます。

微粒二酸化ケイ素は,母乳代替食品及び離乳食品に使用してはならない。

出典:厚生労働省‐ケイ酸カルシウムの使用基準の改正に関する部会報告書(案)

原料はケイ素といってガラスなどの成分です。錠剤では湿気を防ぐために使われます。これは吸収されず便の一部として排出されるので、吸収された成分が何か悪さをするということは考えづらいのですが、そもそも乳児はまだ胃腸が未発達なので、正常に便として排出されるかどうかも含めて摂取を制限しているということが推測されます。

言い換えると、吸収されないものがきちんと排出される程度に胃腸が働いていれば、問題ないということです。

そのため、フレピュアは乳児以外なら小さな子供、小学生や中学生などでも問題ありません。

[フレピュア/副作用]高齢

高齢者だが使用しても大丈夫かという悩みをお持ちの方がいたら、安心してください、大丈夫です、という答えになります。

参考までに公式サイトには以下のQ&Aがあります。

Q 高齢ですが、飲んでも大丈夫?

A FREPURE(フレピュア)は健康食品ですのでご高齢の方にも安心してお飲み頂けます。どうしても心配な方は、担当の医師にご確認下さい。

公式サイトQ&Aより

フレピュアに限らずサプリメント全体に言えることですが、これらは薬ではないので、特に摂取を制限される要素はありませんし、常用している薬との飲み合わせを考える必要もありません。

また原材料をチェックしても高齢者の使用を制限するような成分は含まれていませんでした。

これらの点から、フレピュアは高齢者でも安心して続けることができます。

ただし、胃腸が弱かったり、食事を制限されているような場合は医師に相談したほうが無難ですね。

フレピュアボタンリンク「87%OFF」

[フレピュア/副作用]下痢

サプリを飲んで下痢をした、という感想がまれにみられます。フレピュアの場合も、おならの臭いがましになったけど下痢になってしまった、なんてことになったらそれはそれで困りもの。

ですが、フレピュアが原因で下痢になるというのは考えづらいです。

たしかに成分表を見ると、フレピュアにはソルビトールという人工甘味料が含まれていて、これが下痢を引き起こす可能性があります。

浸透圧系下痢といって、腸の外から水分を集めてくるので、水分吸収量以上に水分の排出量が多くなり、お腹がゆるくなります。

ただし、通常に使用している限りは下痢になるほどの副作用はありません。ソルビトールが下痢を引き起こすのはあくまで大量摂取した場合です。

ソルビトールの大量摂取が下痢を引き起こした例としては、以下のような記事があります。

ベルリンのシャリテー(Charite)病院の医師が英医学誌「British Medical Journal」(BMJ)で発表した症例報告によると、ガムを大量にかんで重度の下痢を引き起こした患者は2人。1人は21歳の女性で、約8か月間にわたって下痢と腹痛に悩み、51.8キロあった体重が11キロも減少した。もう1人は46歳の男性で、おなかの張りとガス、下痢がひどく、体重は1年間で元の5分の1に相当する22キロも減ったという。

AFP BB NEWS – ガムのかみ過ぎで重度の下痢に 英医学誌に症例報告

数か月にわたって下痢が続き、体重が10kg以上も減少したという内容ですが、これだけを見ると「ソルビトールは危険!フレピュアの安全性には問題がある!」と思ってしまいます。

ですがこれはあくまで大量摂取によるもの。続きを見てみましょう。

医師が2人に普段の食生活についてたずねたところ、大量のガムをかんでいたことが分かった。女性患者はシュガーフリーガムを毎日12枚以上、男性患者は毎日20枚以上のガムと200グラム近い甘いお菓子を口にしていたという。医師らの計算によれば、1日あたりのソルビトール摂取量は女性患者が20グラム、男性患者は約30グラムに相当する。

どうでしょう。明らかに食べ過ぎですよね。

たとえば牛乳を1リットル飲んで下痢をしたからといって、「牛乳は危険な飲み物だ」というでしょうか? むしろ「飲み過ぎたせいで下痢をした」と考えるのが自然ですよね。

このように、食品に由来する下痢は成分が危険だから起こるのではなく、単なる程度問題です。

さらに検証するために、フレピュアの重量に換算してみましょう。

フレピュアは1粒1gです。摂取目安は1日1粒。フレピュアの成分がすべてソルビトールでできているとしても、1日1粒を続けているのなら1日あたりの摂取量は1gです。下痢を引き起こした人たちの摂取量には遠く及ばないことがわかりますね。

これらの点を考慮すると、フレピュアは目安どおりに飲んでいる限り、下痢になることは考えづらいといえます。