[フレピュアの効果]口臭に効果なし?評判は正しいのか検証!

[フレピュア/効果]口臭体臭防止に効果的な3つのポイント

フレピュアは口臭と体臭のダブルクリーニングを行える一石二鳥のサプリメントです。

人と接する機会が多いほど、特にお口のニオイは悩みの種。自分のニオイで相手の顔がゆがむのが怖くて、ついつい顔色をじっと窺ってしまって、ろくに会話にも集中できません。いつ面と向かって指摘されるのかと思うと、気軽に人に話しかけることさえ躊躇してしまいますよね。

口臭予防サプリも体臭予防サプリもたくさんありますが、両方のケアを一度に行えるのはフレピュアだけです。フレピュアに含まれる成分はタイムリーな汚臭と蓄積された悪臭の両方のケア効果があるとされています。自然由来の成分で賢く口臭対策をして、毎日笑顔で話せる本当の自分を取り戻しましょう。

→→初回87%OFFの衝撃キャンペーンを見てみる

口臭体臭防止に効果的なポイント① うるおい成分がお口のニオイを抑える

フレピュアに配合されている口臭予防成分はなた豆とポリグルタミン酸です。

口臭の原因にはいくつか種類がありますが、その中でも病的口臭といわれるもの(歯周病や舌苔など)には、口内の細菌が大きく関わっています。ミュータンス菌やジンジバリス菌などの口内細菌は、食事後の口の中に残った食べカスなどをもとに、ネバネバした歯垢(プラーク)を作ります。そこで生産される酸が歯を溶かしたり、歯ぐきを侵食して歯周ポケットを作り、菌がより住みやすい環境に作り替えられてしまうのです。

細菌が繁殖すると、糖分やたんぱく質を栄養にして、硫黄化合物など悪臭の原因となる物質を生産するようになります。これが口臭の原因になります。

そのため、口臭を防ぐには、いかに菌を繁殖させないかが大切になります。

フレピュアに含まれるなた豆は口内の炎症を抑え、ポリグルタミン酸は唾液分泌を促進して菌の繁殖を抑えます。

あわせて歯磨きやフロスなどのオーラルケアもしっかり行っていくことで、より口臭予防効果が期待できます。

なた豆

なた豆に含まれる成分が口臭予防に有効です。

なた豆は一般にはあまりなじみのない豆類ですが、その成分が蓄膿症や口臭、歯周病などの予防に効能があるとして、お茶などに加工されて販売されています。主に鹿児島で生産されていて、「鉈豆」や「刀豆」とも書くようにナタのような大きさにまで成長する巨大な豆類です。

なた豆にはカナバニンとコンカナバリンAという成分が含まれています。

カナバニンには炎症を抑える作用があります。お口のニオイの原因の一つに歯周病がありますが、口内の炎症は歯周病につながるので、炎症を抑えることにより歯周病由来の口臭の予防に役立ちます。

またコンカナバリンAにはT細胞(免疫細胞)活性化をする働きがあることが知られており、こちらも免疫の働きによって歯周病の原因である歯ぐきの炎症を抑え、歯周病由来の口臭予防に役立ちます。

ポリグルタミン酸

ポリグルタミン酸は口臭予防に効果があります。

ポリグルタミン酸(PGA)とは納豆のネバネバの主成分で、唾液分泌促進作用があることが知られています。

この唾液分泌が口臭予防に大きな役割を果たしています。唾液は口内にうるおいを保つほか、口内の細菌の増殖を抑えるなどの役割を持っています。睡眠時やストレスを感じたときなどは唾液が少なくなり、口の中が渇きます。すると菌が繁殖しやすい環境になり、悪臭の原因となるメチルメルカプタンなどの生産スピードが早くなり、口臭が発生しやすくなるというわけです。

そのため、唾液を分泌させ、口の中に常にうるおいを保つことによって、細菌の発生を抑制し、口臭を抑えることができます。

口臭体臭防止に効果的なポイント② 消臭成分が腸の臭いを抑える

フレピュアのウリであるダブルクリーニングのもう一つが体臭予防です。

体臭の原因の一つに腸由来のニオイが知られています。一見すると体の中で発生したニオイと、体の表面のニオイは関係がないように思われますよね。しかし、実は腸で発生したニオイ成分は血液にのって全身をめぐり、皮膚から発散されることがあります。そのため、お腹のニオイケアが体臭予防につながります。

腸内、特に便秘などで便が長い間蓄積されている環境では、悪臭が発生しやすくなっています。便秘をしているときのおならって臭いですよね。その原因は腸内の悪玉菌。悪玉菌はたんぱく質や脂質などを栄養にして悪臭の原因となる物質を生産します。おならが臭いのは、腸内バランスが乱れているサインです。

フレピュアに含まれるシャンピニオンエキスやデオアタックといった消臭成分は、すでに発生してしまった悪臭を抑える効果があります。また、乳酸菌やビフィズス菌、そして公式サイトで買うとおまけでついてくるオリゴ糖は、善玉菌を増やして腸内環境を整える作用があります。

そのため、フレピュアに含まれる各種成分は体臭予防に効果を発揮します。

シャンピニオンエキス

シャンピニオンエキスは腸内で発生した悪臭を抑える機能性食品素材です。

汗をかくとツンとくるアンモニア臭がする場合、ニオイの元は腸由来の可能性があります。このニオイの防止に有効です。

シャンピニオンとはフランス語でマッシュルームを指し、シャンピニオンエキスとはマッシュルームから抽出されたエキスで、その消臭効果を見込まれてフレピュアをはじめ消臭サプリなどで使われています。ちなみにこの抽出法、ヨーロッパ各国、日本、アメリカなどで特許を取得しています。

(前略)研究成果として、腸内腐敗産物の抑制、血中アンモニア濃度の低下、NK細胞活性増強や慢性腎不全進行抑制などの働きが明らかになっています。

株式会社リコムHPより

このように、シャンピニオンエキスは、体内のアンモニアを減らすほか、腸内で悪玉菌が悪臭物質を作り出すのを抑えるなどの働きがあり、結果として腸由来の体臭予防に役立ちます。

DEOATAK®(デオアタック)

デオアタックもシャンピニオンエキスと同じく腸内の消臭に力を発揮します。

デオアタックはポリフェノールを含む機能性素材で、ポリフェノールは悪臭の原因となる硫黄化合物やアンモニアの消臭に力を発揮します。

DEOATAK®は一般の消臭剤では消臭が困難とされている含硫系の悪臭成分に対しても、優れた消臭効果を発揮します。200ppmのメチルメルカプタンは、天然ポリフェノール(20mg)ではほとんど消臭できませんが、DEOATAK®(20mg)では10分で残存率がほぼ0%になることが確認されています。
また、酵素によりポリフェノールが活性化されているため、他の悪臭、例えば100ppmのアンモニアに対しても、天然ポリフェノール(20mg)がアンモニアの消臭までにかかる時間の半分でDEOATAK®(20mg)は消臭をすることが可能です。

高砂香料工業HPより

このように実験によってデオアタックの消臭力は確かめられています。デオアタックはポリフェノールの消臭力をさらに強化し、通常のポリフェノールでは消臭できない(時間がかかる)ものまで、わずかな時間で消臭してしまいます。すごい威力ですね。

なおメチルメルカプタンは硫黄化合物で、口内や腸内で発生する悪臭原因物質の一つです。メチルメルカプタンとアンモニアの両方を消臭することで、口内はもちろん、腸内で発生するイヤな臭いをしっかり抑えてくれます。

ということで、フレピュアに含まれるデオアタックは悪臭の消臭力に優れた成分です。

有胞子性乳酸菌

有胞子性乳酸菌は直接消臭はしませんが、腸内環境を整えるのに役立ってくれます。

胞子と聞いてなんとなく「え?カビ・・・?大丈夫・・・?」なんて思ってしまった方、ご安心を。この場合、胞子とはカプセルのようなものだと考えてください。

乳酸菌は胃酸に弱いものが多く、ふつうに食べると胃で溶かされてしまって腸まで届きません。しかし、有胞子性乳酸菌の場合は、胞子がバリアの役割を果たし、胃酸や熱にやられずに腸までたどり着くことができるのです。

腸で悪臭が発生する原因のひとつは悪玉菌の増殖です。悪玉菌が主にたんぱく質にとりつき、悪臭のもととなる有害物質を作り出すので、ニオイを発生させないためには、いかに悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすかにかかってきます。

有胞子性乳酸菌を摂取するということは、善玉菌をたくさん腸に送り込むことだと考えてください。味方の増援を呼ぶイメージです。味方(善玉菌)が増えると敵(悪玉菌)をやっつけやすくなるということですね。

そのため、有胞子性乳酸菌は間接的に腸の消臭に役立ちます。

ビフィズス菌

ビフィズス菌も乳酸菌と並んで善玉菌の一つで、腸を整えるのに役立ちます。

善玉菌の働きのひとつに、酸を出すことで腸の蠕動運動を活発にするというものがあります。腸の動きが鈍いと便がいつまでも腸内にとどまります。するととどまった便に悪玉菌がとりついて分解し、悪臭のもとになります。そのため、腸が元気に動いているかどうかは、便通に加えてニオイのケアにおいても重要です。

乳酸菌は乳酸を作って腸の蠕動運動を助けますが、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸も作り出します。より蠕動運動が活発になるということですね。

乳酸菌とビフィズス菌のダブルの働きで腸を活発化し、腸内環境を向上させます。

そのため、ビフィズス菌は間接的に腸の消臭に役立ちます。

オリゴ糖

フレピュアを公式サイトから買うと初回特典として「いきいきオリゴ」がついてきます。この「いきいきオリゴ」に含まれるオリゴ糖も見逃せない成分です。

オリゴ糖は腸内環境を整えるのに役立ちます。

オリゴ糖は砂糖や大豆から作られる糖類で、それ自体では消臭効果はありませんが、善玉菌の栄養になります。善玉菌が元気に活動するには、動物と同じように適度な栄養が必要です。そこでオリゴ糖を送り込むと、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が元気になります。腸内でがんばってくれている味方に、おいしい食料を届けるようなイメージですね。

そのため、オリゴ糖は間接的に腸の消臭に役立ちます。

腸由来のニオイを抑えるためには、乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖などを積極的に摂り、腸内細菌のバランスを整えていきましょう。

口臭体臭防止に効果的なポイント③ 含んでわずか10秒の即効性

フレピュアは突然の場面でも安心で、10秒でとっさの口臭予防ができます。

「取引先が急に訪問してきて急遽打ち合わせすることになった!」
「デートで映画見ることになったけど顔が近い!」

このように、日常で急にエチケットケアをしたい場面ってよくありますよね。

そんなときでも、フレピュアはとっさに口に放り込むだけ。水もいりません。なめて溶かすタブレットタイプなので、ガムのような気軽さで持ち歩けます。

またパッケージも清潔感のあるオシャレなデザインで、人前で出しても恥ずかしくありませんし、近くで目撃されても何が入っているのかとっさにはわかりません。そのためどこにでも持っていけます。

このように、フレピュアは急な場面でも大活躍するので、カバンに1袋入れておくと安心ですね。

[フレピュア/効果]効かない

口臭サプリ・フレピュアには良い口コミもたくさんある反面、「効かない」という悪い口コミがときどき見られます。しかし、そうした評判をよく読むと、「効かないって決めつけるには早くない?」というものが多いです。

公式サイトでも3ヶ月を目安に続けてくださいと書かれているとおり、ある程度の期間続けるのは前提として認識しておく必要があります。しかし実際は、1週間や1ヶ月で「効果なし!」と決めつけてしまう感想が多いようです。

たしかに、そうした感想を持ってしまうのはもっともです。「1ヶ月も続けたんだからせめて少しぐらいは変化が表れてほしい」と思うのは自然ですよね。また人によって体質の違いが大きいため、「3ヶ月続けたけど効かなかった」という人がいても決しておかしくありません。

しかし、口臭体臭対策サプリに限らずですが、こうしたサプリは短時間で劇的な効果をもたらすものではない、ということは知っておく必要があります。飲んですぐ体に変化が起こるのなら、それはサプリではなく、もはや薬です。

サプリは医薬品的な効果をもたらすものではなく、不足している栄養を取り入れることで体のバランスを整える健康食品です。だからこそ薬と違って副作用もなく、安心して続けられるのです。

フレピュアにはシャンピニオンエキスやポリフェノールなど、実験で消臭効果が立証されている成分が多く含まれています。「効かない」「怪しい」という安易な感想に惑わされずに、きちんと成分を見て判断することをおすすめします。

[フレピュア/効果]メリット

フレピュアはニオイをごまかすのではなく消すことで、コンプレックスから解放されます。

「相手が顔をしかめるのが怖くて、ずっと顔色を窺いながら話してる」

「いつもマスクをしているけど、それでもニオイが漏れてしまう」

こんなふうにニオイを気にしていると、何をするにも気後れしてしまいますよね。笑って過ごす、明るく会話をする、近くで話をする・・・ほかの人がふつうにできていることなのに、自分だけどうして? そんな思いが募ってくると、自分の人生ずっとこのままなのかな、なんて思ってさらに気持ちが沈んでしまいます。

色々な消臭・防臭グッズを試してみても、効果なし。それもそのはず、ガムや香水、制汗剤といった消臭グッズは、消臭をするというより、さらに強い匂いをぶつけて悪臭を覆い隠したり、ニオイに蓋をすることで漏れ出るのを防ぐといったもの。ニオイそのものが消えているわけではないので、表面上の一時的なごまかしにすぎません。

しかしフレピュアには、シャンピニオンエキスやデオアタックといった消臭効果が立証された成分が含まれています。ニオイのもととなる悪臭物質の発生を抑えることで、ニオイそのものを断つことが期待できます。

気兼ねなく人に話しかけることができていた、あの頃の自分を取り戻して、ニオイが気にならない毎日を手に入れてみませんか。

[フレピュア/効果]口臭

口臭サプリ・フレピュアの口臭予防効果について検証しました。

口コミでは「効果なし」「効かない」といった評判も時折見受けられますが、効かないと一口にいっても原因はさまざま。1日や1週間でやめてしまっては効くものも効きませんし、飲み方がまちがっていても効きません。そこで肝心なのは人によって大きくわかれる評価をあてにするのではなく、成分をきちんと検証することです。

フレピュアは口臭予防に有効な成分が含まれています。ただし、すべての臭いに効くわけではないので、購入前にきちんとチェックをしておくことが必要です。

口臭の種類は主に以下の5つです。

①病的口臭(口内) 歯周病(歯槽膿漏など)

②病的口臭(口外) 糖尿病、胃潰瘍、慢性肝炎など

③食品由来口臭 ニンニク、ネギ、ニラ、餃子など

④生理的口臭 寝起き、生理中など

⑤心因性口臭 ストレスなど

この中で、フレピュアは②病的口臭(口外)には効果がありません。

それ以外の口臭は、さらに原因を突き詰めていくと、口内での菌の繁殖に集約され、消臭サプリ・フレピュアでの予防が期待できます。

以下、具体的な原因別に詳しく検証していきます。

フレピュア 歯周病

口臭ケアサプリ・フレピュアに含まれる成分は歯周病予防に効果があります。

ただし、フレピュアは医薬品ではなくサプリメントなので、働きとしては予防の手助けをするというところにとどまります。すでに歯槽膿漏などになってしまっている状態を治すといった効果は期待できません。すでに歯周病になっている場合は、医療機関への受診をしてください。

歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)の主な原因は歯垢(プラーク)です。歯磨きが不十分だったりすると、プラークが除去しきれず細菌が増殖していきます。増殖した細菌は歯と歯ぐきの間に歯周ポケットといわれる隙間を作り、炎症を引き起こすとともに、硫化水素やメチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの悪臭物質を生産し、ドブ臭い、うんこくさいと言われる口臭の原因となります。

フレピュアにはなた豆が含まれていますが、そのなた豆に含まれるカナバニンは抗炎症作用を持つため、歯肉炎を抑えます。またコンカナバリンAの作用により、免疫細胞が活性化するため、歯周病の原因菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

以上の観点から、フレピュアに含まれる成分は歯周病予防に効果があると言えます。

また、併せて歯磨きやマウスウォッシュなどのオーラルケアも忘れず実施していきたいですね。

妊娠時の歯周病予防には効果なし

妊娠すると歯周病による口臭が発生しやすくなりますが、この場合はフレピュアは効果がありません。

妊娠で口臭が発生する原因はエストロゲンという女性ホルモンの働きによるものです。妊娠時には女性ホルモンの量が通常の10~30倍に増えますが、このホルモンが歯周病菌の栄養になってしまうのです。P.intermedia(プレボテラ・インターメディア)という歯周病菌はエストロゲンを栄養にすることが知られています。

そのため歯周病予防の観点からはエストロゲンの分泌は少ないほうが良いのですが、フレピュアはエストロゲンの分泌に影響を及ぼさないので、効果がありません。

妊娠して口臭が発生するようになってしまったという悩みをお持ちの方は、歯磨きやフロスなど通常のオーラルケアをしっかり行うことで、歯周病を予防しましょう。

口以外が原因の病的口臭

胃や肝臓、腎臓の病気が原因で、口臭が発生することがあります。この場合は、フレピュアは解決方法にはなりえません。病気を治すことができれば口臭も収まるので、医療機関への受診をしてください。

口以外が原因の病的口臭には、ニオイにある程度の特徴があります。口臭で以下のようなニオイがするようであれば、病気の可能性があります。

・カビのような臭い
肝臓由来で、飲酒などで慢性肝炎をはじめ肝機能が低下したときに発生します。本来は肝臓で分解されるはずの悪臭物質が分解されていないことが原因です。

・腐った卵のような臭い
慢性胃炎や胃潰瘍をはじめ消化器系の病気になっているときに発生します。正常に消化が行われず、異常発酵した食べ物から臭い物質が発生することが原因です。

・アンモニアの臭い
尿毒症など腎臓の病気になっているときに発生します。体内で発生したアンモニアが腎臓で正常に分解されていないのが原因です。

・甘酸っぱい臭い
糖尿病のときに発生します。これは中性脂肪が燃焼したときにできる脂肪酸が原因で、たんぱく質や炭水化物の不足によって起こります。

これらの病気が原因の場合、フレピュアは効果がありません。フレピュアを試す前に医療機関の受診をおすすめします。

フレピュア 膿栓

口臭対策サプリ・フレピュアは膿栓の予防に効果があります。

ただし、すでにできてしまった膿栓を取り除く効果はありません。すでにある膿栓を治療したい場合は、耳鼻咽頭科や口腔外科で吸引してもらうなどして取る必要があります。

膿栓の原因は口内に残った食べかすや細菌の死骸です。膿栓は扁桃の免疫機能が発揮された結果できるものなので、人体には無害ですが、別名「臭い玉」ともいわれるようにドブ臭い・うんこくさいといわれる悪臭を発することがあります。口呼吸が多い人などは口内が乾燥しやすく、細菌が繁殖しやすくなります。

フレピュアに含まれるポリグルタミン酸は唾液分泌を促進する効果があり、口の中にうるおいを保ってくれます。唾液には殺菌作用があり、口内で菌が繁殖するのを抑えてくれるため、膿栓の原因の一つである細菌の死骸を減らし、膿栓ができやすい環境を改善することが期待できます。

併せてていねいなブラッシングやフロスなどで食べかすをきちんと取り除くことで、膿栓の原因を減らしていきましょう。

以上の観点から、フレピュアは膿栓の予防に効果が見込めます。

フレピュア 虫歯

口臭サプリ・フレピュアは虫歯の予防に効果があります。

ただし、すでにできてしまった虫歯をフレピュアで治す方法はありません。すでにある虫歯を治療したい場合は、きちんと歯医者さんを受診してください。

虫歯の原因は口内にいる虫歯菌(ミュータンス菌)です。虫歯菌が作り出す酸によって、エナメル質を溶かして歯に穴をあけます。虫歯菌はいくら丁寧にお口のケアをしても完全に除去できるわけではないので、毎日継続的なケアが必要になります。

フレピュアに含まれるポリグルタミン酸には唾液分泌促進作用があります。唾液は細菌の繁殖を抑える作用があるため、唾液が多いほうが虫歯になりにくいのです。そのため唾液が不足しがちな人にはフレピュアは有効です。

併せて歯磨きやフロス、マウスウォッシュをしていくことでより万全の体制が作れます。理想的な回数は毎日3回食後に実施したいところですが、時間がない場合はうがいをするだけでも食べかすの除去効果が見込めますので、積極的に実践していきましょう。

以上の観点から、フレピュアは虫歯予防効果が見込めます。

フレピュア ドライマウス

口臭体臭対策サプリ・フレピュアはドライマウスの予防に効果があります。

ドライマウスの主な原因は老化ですが、それ以外にもストレス、喫煙、薬の副作用、糖尿病、シェーグレン症候群などいくつかの原因があります。いずれにしてもドライマウスでのどや口の乾きが起こることによって、細菌が繁殖しやすい状態になります。
(※シェーグレン症候群:唾液分泌が少なくなる症状)

発生した細菌はメチルメルカプタンなどの硫黄化合物を作り出し、悪臭の原因となります。これがドライマウスで口臭が発生する理由です。

そのため、ドライマウスを軽減してお口の気になるニオイを消臭するには、何らかの方法で唾液をたくさん分泌させる必要があります。

フレピュアに含まれるポリグルタミン酸には唾液分泌促進作用があります。唾液は口内にうるおいを保ち、細菌の繁殖を抑えてくれるので、ドライマウスを軽減することができます。

そのため、フレピュアはドライマウスのケアに効果があります。

フレピュア 舌苔

フレピュアの舌苔防止対策について検証しました。

結論からいうと、フレピュアは舌苔予防に効果があります。

ただし、すでにできてしまった舌苔の除去には効果なしです。また、できてしまった舌苔を人為的に除去するのもあまりおすすめしません。舌苔は体の反応が作り上げるものであり、いったん人工的に取り除いたとしてもまた舌苔ができてきます。例えば、かさぶたをはがしても、傷が治っていない限りかさぶたは再生しますよね。機構は違いますが舌苔はこれと同じようなイメージです。

さて、舌苔は舌にたんぱく質などの汚れが付着することにより起こります。そうして口臭の原因になったり味蕾が覆われることで味覚障害の原因になるともいわれています。

さらに、舌苔による口臭の原因は硫化水素だといわれています。硫化水素は食べかすや口の中ではがれた上皮カスを細菌が分解してできる悪臭物質で、卵の腐ったような臭いがします。硫化水素とそれを発生させる細菌を抑えるためには、唾液が正常に分泌されている必要があります。

フレピュアに含まれるポリグルタミン酸には唾液分泌促進作用があり、硫化水素の原因となる細菌の繁殖を抑えてくれます。さらに、フレピュアの成分の1つであるデオアタックには消臭効果のあるポリフェノールが含まれており、硫化水素をはじめとする硫黄化合物の消臭に一役買ってくれます。

以上の観点から、フレピュアは舌苔と舌苔からくる口臭予防に効果があるといえます。

また、あわせて舌ケアとして、舌磨きやマウスウォッシュもしっかり実施していきたいですね。

フレピュア にんにく

口臭サプリ・フレピュアのにんにくのニオイ対策を検証しました。

結論からいうと、フレピュアに含まれる成分はにんにくの口臭ケアに効果があります。

にんにくによる口臭の原因はアリシンという硫黄化合物です。にんにくに含まれるアイリンが調理の過程でアリシンに変化し、あの特徴的なニンニク臭のもととなります。

そこで、フレピュアには硫黄化合物を消臭するデオアタックという成分が含まれています。デオアタックは消臭効果のあるポリフェノールをさらに強化させたものが含まれており、含硫系の悪臭成分に対して抜群の消臭効果を発揮します。

またフレピュアはなめて溶かすタイプなので、口の中のすみずみにまで成分を浸透させることができ、飲み込むタイプと比べてより即効性と直接的効果が期待できます。

以上の観点から、フレピュアはにんにくの口臭対策に役立つといえます。

補足すると、ニンニク以外にもネギ、玉ねぎ、ニラなどもすべてニオイの原因は硫黄系化合物なので、フレピュアでの臭い対策は有効です。

ストレス

人によってはストレスにより口臭が発生する場合があります。

唾液は通常サラサラしていますが、ストレスを感じると唾液分泌が抑制され、ネバネバした粘液性唾液になります。唾液分泌が抑制された状態が長く続くと、口の中が乾燥した状態になり、細菌が繁殖しやすくなります。繁殖した細菌は悪臭の原因となる硫化水素やメチルメルカプタンなどの悪臭物質を作り出し、口臭のもとになります。

フレピュアに含まれるポリグルタミン酸には唾液分泌効果があります。この作用によって一時的に唾液を分泌させ、口臭を軽減させることは可能です。

しかし、おおもとの原因はストレスであり、このストレスを除去しない限り、口臭の根本的な改善は期待できません。フレピュアにはストレスを軽減させる効果はありませんので、一時的な対処にとどまります。

フレピュア 寝起き

エチケットサプリ・フレピュアに含まれる成分は寝起きの口臭に効果があります。

寝起きの口臭が発生する原因は、唾液分泌の少なさです。ご存じの通り睡眠時には唾液分泌が少なくなります。

■安静時の唾液量 0.2~0.5ml/分
■食事中の唾液流量 約4ml/分
■睡眠時の唾液量 0.1ml/分以下

社団法人東京都目黒区歯科医師会資料(pdf)より

このように、寝ているときの唾液量は、食事中の2.5%以下、安静時に比べても半分以下となっています。

口内の細菌は4時間ごとに2倍に増殖するといわれており、唾液が全くなければ8時間の睡眠で4倍に増殖することになります。増殖した細菌は硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの硫黄化合物を作り出し、口臭の原因となります。

フレピュアは唾液分泌を促進させるポリグルタミン酸が含まれているほか、含硫系物質を消臭するデオアタックという消臭成分が含まれているため、2つの方向から寝起きの口臭を予防することができます。

そのため寝起きの悪臭にフレピュアの成分は効果があります。

生理時の口臭

フレピュアは生理時の口臭予防には効果があります。

月経前後はホルモンバランスが変化し、唾液分泌が減少します。唾液は殺菌作用があるので、通常であれば細菌の繁殖が抑えられているのですが、唾液が少なくなると口内細菌が増殖し、ニオイのもととなります。これが生理時に口臭が発生するメカニズムです。

そのため、排卵日前後においても可能な限り唾液分泌を増やし、お口の中にうるおいを保つことができれば、口臭予防になります。

フレピュアには唾液分泌を促進するポリグルタミン酸という成分が含まれています。このポリグルタミン酸の作用によって唾液をたくさん分泌させることで、生理時の唾液の減少を補うことができます。

以上の観点から、フレピュアは生理時の口臭予防に効果があるといえます。

即効性

結論:タイムリーな口臭には10秒で効く

即効性はフレピュアの大きな長所の一つです。

仕事でもプライベートでも、お口のニオイを気にしていると、何もかも消極的になってしまいますよね。

仕事でも積極的に発言できないし、接待時やエレベーターの中など、人と人との距離が近いところで相手に気づかれたらと思うと気が気ではありません。バスや電車では周りは赤の他人ですが、それでも「臭いと思われてるのでは・・・」と気にしだすとそれだけで消耗します。

他にも女子会やデート、好きな人に声をかけたい場面でもニオイは気になるところですよね。せっかくオシャレな服で身を固めても、イヤな臭いがしているとすべてが台無し。

かわいい孫を抱きあげたときに「くさい!」といわれてしまってショック!という場面もあるでしょう。

スメハラという言葉も登場するぐらいですが、本人はガムやマスクなどで一生懸命対策をして、ニオイに気を遣って遣って使い果たすぐらい消耗しているのに、その上イヤな目を向けられたらたまったものではありません。

このように、日常ではとっさに「今すぐお口のケアをしたい!」という場面は頻繁にあるものですが、フレピュアはそんなときでも期待に応えてくれます。

含んで10秒、すぐ効いてお口のニオイをリセットできます。

飲み下すパターンのサプリメントだと、すぐに口臭が消えるわけではありません。しかし、フレピュアはチュアブルタイプといってなめて溶かすタイプなので、成分を口の中に浸透させ、素早く効果を発揮させることができます。

パッケージもオシャレで、人前で取り出しても恥ずかしくありませんし、サッと1粒出してポンと口に放り込むだけで10秒後にはさわやかな吐息になります。

これで人との距離が近いときも怖くなくなりますね。

フレピュアボタンリンク「87%OFF」

[フレピュア/効果]体臭

口臭サプリ・フレピュアの体臭予防効果について解説します。

結論からいうと、フレピュアは腸由来の体臭には効果がありますが、それ以外の由来の体臭(加齢臭やワキガなど)には効果がありません。

「腸と体臭が何か関係あるの?」と思われたかもしれませんが、腸で発生した悪臭は血液に吸収されて全身をめぐり、やがて汗や吐息からにじみ出てきます。そのため、腸で発生する臭いを抑えることは、便臭だけでなく口臭と体臭の予防につながるのです。

フレピュアに含まれるシャンピニオンエキスは、腸内で発生する数々の悪臭を抑える効果があります。

被験者9名にシャンピニオンエキス(BX100FPD 0.5g,1.5g/日)を投与し、便臭成分の濃度を機器分析したところ、投与中は体内毒素が減少しました。

シャンピニオンエキス開発元・リコム株式会社HPより

実験では、悪臭物質であるアンモニア、フェノール、インドール、スカトールの便臭濃度が減少しています。

この中でも特にアンモニアは血液に吸収されることが知られているので、体内のアンモニアを減少させることは体臭ケアにつながります。

また、フレピュアに含まれるデオアタックは、アンモニア臭の軽減に加えて、硫化水素やメチルメルカプタンなどの硫黄系悪臭に対しても優れた消臭効果を発揮します。

この2つ以外にも、腸内環境を整える成分(有胞子性乳酸菌・ビフィズス菌)により、腸を元気に保つことで、溜まっていた嫌な臭いを追い出すことが期待できます。

以上の観点から、フレピュアに含まれたこれら2つの成分により、悪臭の原因を断つ効果が期待できます。

一般には口臭サプリと認識されているフレピュアですが、もともとはタイムリーな悪臭と蓄積された汚臭のダブルクリーニングがウリのサプリです。体の内側から効果を発揮して、体臭サプリとしても使えるというのがわかりますね。

悪玉菌と体臭の関係

腸内の悪玉菌は悪臭の原因物質を作り出します。そのため、いかに腸内の悪玉菌を減らすかが大切になります。

代表的な悪玉菌はウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌、有毒株の大腸菌です。

ウェルシュ菌が増殖した食べ物を口にすると、エンテロトキシンという毒が作り出されて食中毒を引き起こすほか、ケガなどをしたとき皮膚の下に侵入してガス壊疽という悪臭をともなう壊死を引き起こす恐ろしい菌でもあります。

黄色ブドウ球菌もウェルシュ菌と同じくエンテロトキシンという毒を作り出し、食中毒の原因となります。

大腸菌は有毒なものと有益なものに分かれ、有毒なものの代表格はO-157などの病原性大腸菌です。

これら悪玉菌は腸内で腐敗産物を作り出し、ニオイのきついガスを発生させます。

悪玉菌が作り出すインドールやスカトールは臭いおならの原因となります。

またアンモニアやアミン、硫化水素は血液にのって全身をめぐり、体臭や口臭の原因となります。

そのため、悪玉菌を抑えることは、体臭やおならの臭いを抑えることにつながるのです。

フレピュア 腸内環境

フレピュアの腸内環境への影響を検証しました。

結論からいうと、フレピュアは腸内細菌のバランスを整えるのに役立ちます。

また、腸内環境を健康に保つことは、結果として悪臭の発生を抑えることになり、体臭予防につながります。

腸内環境を決める要因は善玉菌と悪玉菌のバランスです。腸内細菌は大きく善玉菌、悪玉菌、そして害でも益でもない日和見菌の3つにわかれ、それぞれの割合は2:1:7が理想とされています。しかしストレスや食生活の乱れに代表されるさまざまな原因により、腸内バランスが崩れると、悪玉菌が増えてきます。

フレピュアに含まれるビフィズス菌と有胞子性乳酸菌は両方とも善玉菌です。また、公式サイトの初回購入特典であるいきいきオリゴ(オリゴ糖)は、善玉菌の栄養になります。

善玉菌は一度増えたら終わりではなく、継続的にこうした栄養を摂取することで良好な環境を保つことができます。そのため、効果を実感するには続けることが大切です。

このように、フレピュアを摂取することで、善玉菌と善玉菌の栄養物質をきちんと取り入れることは、腸内環境を整えることにつながります。

それ以外にも肉類や臭いのきつい食品の食べすぎによる食生活の乱れや運動不足なども腸内バランスを乱す原因になるので、あわせて実施していきましょう。

フレピュア 便秘

口臭サプリ・フレピュアに含まれる成分は腸を整え、便秘にならない体づくりを手助けしてくれます。

便秘になると食べたものが腸に長い間とどまります。すると腐敗が進み、インドールやスカトール、アンモニアといった悪臭物質が発生し、臭いおならや体臭や口臭の原因になります。便が出ないのはつらいことですが、また一方で体臭や口臭ケアといった面でも便秘の解消は重要です。

慢性的な便秘の原因はいくつかありますが、代表的なものは弛緩性便秘といわれ、腸の動きが停滞した状態です。弛緩性便秘を解消するには、腸の動きを活発にしてやる必要があります。

乳酸菌が腸を整えるといわれる理由は、乳酸菌が作り出す乳酸菌が腸に刺激を与え、蠕動運動を促すからです。ビフィズス菌も同じで、乳酸に加えて酢酸を作り出し、腸の動きを活発にさせます。

フレピュアにはビフィズス菌と有胞子性乳酸菌の両方が含まれています。あわせて運動不足の解消やバランスの良い食事をしっかりと摂り、食物繊維やオリゴ糖など善玉菌の栄養になるものも取り入れることでさらに効果が見込めます。

以上の観点から、フレピュアに含まれる成分は便秘対策に効果がありといえます。

フレピュア おなら

口臭ケアサプリ・フレピュアのおならの臭いに対する効果を検証しました。

結論からいうと、フレピュアに含まれる成分にはおならの臭いを軽減する効果が期待できます。

おならが臭いのは、インドール、スカトール、硫化水素、アンモニアといった悪臭物質が混じっているから。これらの悪臭物質が生み出される原因は、便秘によって腸に滞留した消化物に悪玉菌がとりつき、腐敗させるからです。そうして溜まった腸内のガスは、臭い! いわゆるガス腹という状態です。

そう、実はおならの臭いと便秘は密接に関係しているのです。

おならが臭くない状態にするために、一番の対処法は腸の動きを活発にし、消化物が腐敗してニオイを出す前に便として排出してしまうことです。

「悪玉菌が食べ物を腐らせるのなら、悪玉菌を減らしたら腐らないのでは?」と思った方もいるかもしれません。その考えはロジックとしては正しいのですが、現実的に悪玉菌はいくら減らしてもまったくのゼロにすることはできません。

そのため、便秘解消をすることは、おならの臭いを軽減することにつながります。

フレピュアの成分には乳酸菌とビフィズス菌が含まれています。これらの善玉菌は乳酸や酢酸といった酸を作り出して腸を刺激し、停滞していた蠕動運動を活発化させます。あわせてオリゴ糖や食物繊維を摂ることでさらに腸内バランスを整える効果が見込め、結果としておならの臭いの軽減につながります。

以上の観点から、フレピュアに含まれる成分はおならの臭いの軽減に効果ありといえます。

フレピュア ワキガ

口臭サプリ・フレピュアは残念ながらワキガには効果なしです。

ワキガの原因は、腋から出る脂質を、皮膚にいる菌が分解するときにできるニオイです。

そのため、サプリメントでワキガを改善するには、脂質の成分や皮膚常在菌に影響を与える必要がありますが、フレピュアに含まれる成分はこのどちらにも影響を与えません。

そのため、フレピュアはワキガには効果がありません。

少し補足すると、ワキガ以外の汗由来の体臭予防に対しては効果が見込めます。

汗臭の中でもツンとくる独特のニオイにはアンモニアが関わっています。フレピュアに含まれるシャンピニオンエキスとデオアタックという2つの成分はアンモニアの消臭に効果があることが実験で確かめられています。

そのため、アンモニア由来の汗のニオイ対策にフレピュアの成分は効果ありです。

加齢臭

フレピュアの加齢臭への効果を検証しました。

結論からいうと、フレピュアの加齢臭への効果は不明です。

アラフォーやおやじ世代になってくると、頭や体からミドル脂臭がしてきます。心はいつまでも18歳のつもりでも、体は着実に年齢を重ねています。

さて、加齢臭の主な原因物質はノネナールですが、フレピュアにはこのノネナールを打ち消すような成分は含まれていません。

なお、フレピュアに含まれるシャンピニオンエキスには、オクテナールというこれも加齢臭の原因とされる物質の減少効果が実験で確かめられています。しかし、肝心のノネナールの実験結果がない上、官能試験(実際ににおいをどう感じるかという感覚試験)も実施されていないので、これだけで加齢臭の予防に効果ありと断定することはできません。

そのため、フレピュアの加齢臭への効果は不明です。現状では、加齢臭への効果を期待してフレピュアを購入するのは控えたほうがよさそうです。