[フレピュア/使い方]対策まとめ!一日のどのタイミングが最も効果的?

フレピュア 使い方 対策 まとめ 一日

[フレピュア/使い方]効果を最大限に引き出す3つのポイント


ここでは口臭サプリ・フレピュアの効果的な食べ方・飲み方について解説します。

せっかくサプリを手に入れても、使い方が間違っていたいせいで効果半減、なんてことになってしまったらガッカリですよね。

こうした悩みは友人や家族には相談しづらいものですし、ましてや使い方の間違いを指摘してくれる人なんていません。自分が間違っていることに気づけないまま「全然効かない!ガッカリだ!」なんて決めつけてやめてしまう。こうなるとお金も時間もムダになりますし、何よりつらい気持ちを抱えたまま悶々と過ごすのは不幸です。

でも安心してください。フレピュアの効果を最大限に引き出すのはとってもカンタン!

①なめて溶かす

②ニオイが気になったときに使う

③3ヶ月続けてみる

たったこれだけ!

これだけ続けていればいつの間にか「あれ?ニオイ消えてる・・」って思う日がやってきますよ!

フレピュア公式サイトへ

フレピュア使い方:ポイント① 口の中でゆっくりなめて溶かす

ポイントの1つめは、「口の中でゆっくりなめて溶かす」です。

フレピュアはチュアブルタイプといって、なめて溶かす用に開発されています。

チュアブルの本来の意味は口の中で噛み砕くという意味ですが、フレピュアの場合は噛み砕いてはダメで、メーカー側でもゆっくりなめて溶かすことが推奨されています。

フレピュアは口臭と体臭のWケアができるというのがウリですが、特に口臭対策のほうでは時間をかけて口に含ませ、成分をじっくり浸透させることが大切なポイントになります。うがいをイメージしていただくとわかりやすいのではないでしょうか。

ほかにはいくつかありますが、たとえば噛み砕くと口の中にとどまる時間が短くなりますし、飲み下すと粒が大きいので危険です。やはり噛まずに口の中でゆっくりなめて溶かすのが正解です。

フレピュア使い方:ポイント② ニオイが気になったときに使う

ポイントの2つめは使うタイミングで、ずばり「お口のニオイが気になったとき」です。

薬の場合は食前、食後などと服用するタイミングが決まっていますが、フレピュアは薬ではなく健康食品、あくまで食品の一種なので、タイミングに関する制限はありません。1日何粒以上食べたらダメという上限もありません(さすがに1日で1袋まるごと使ってしまったりするのはやりすぎですが)。

そこで、たとえば寝起きの口臭が気になる場合は寝起きに1粒、仕事で人と近い距離で話さなければいけない場合はその前に1粒、といった使い方が想定されます。

いうまでもなく、使った直後がもっともスッキリを実感できるので、ここぞ!という外せないタイミングで使っていきたいですね。

フレピュア使い方:ポイント③ 3ヶ月続ける

最後のポイントは「3ヶ月続ける」です。

最初の一週間ぐらいで効果が実感できないと、「なんだ効かないじゃん・・・もうやめよ」と思ってしまいがち。

でも、そこを少しこらえて、続けてみることが大切です。

私たちはどうしてもこのようなサプリに即効性を期待してしまいがちですが、サプリは薬ではないため、そもそも即効性や急激な変化はあまり見込めません(もしそんな効果が本当にあるのだとしたら、健康食品ではなく薬品になってしまいます)。

サプリは薬のように不自然な、人為的な変化をもたらすものではなく、栄養を取り入れながら、それらの成分の持つ本来の自然の力によって、時間をかけて少しずつ体を内側から整えていくものです。

そのため、効果を引き出すためには一定期間続けてみることが欠かせません。その期間の目安というのが、およそ3ヶ月です。

3ヶ月というと長いように思えるかもしれません。たしかに変化がない状態で続けるというのは少しキツいものがあります。しかし、ひとたび変化のきざしが見え始めてからは意外なほど短く感じるものです。

もうニオイに悩まない心穏やかな暮らしを手に入れるためにも、まずは続けてみてくださいね。

→→ フレピュアの一番お得な情報はこちら

フレピュア公式サイトへ

[フレピュア/使い方]使用方法は?頻度や飲み方の対策!

フレピュア・頻度

ここではフレピュアの効果を最大限に引き出す摂取方法について解説します。

(「服用」というと薬をイメージしてしまうので、ここでは「摂取」や「使い方」といった表現にします)

正しい使用方法を知っているかどうかの違いは意外に大きいもので、少しのコツを知らないだけで効果が激減してしまったりします。間違った飲み方を続けた結果、「効かない!」「嘘つかれた!」といった不満につながってしまうパターンが多々ありますが、これはとてももったいないこと。

使う前にこの記事を読んでおいていただければ、使い方に悩まずに済みますし、少なくともご自身の使い方が原因で効果が実感できないといった事態を防ぐことができます。

さて、フレピュアの正しい使い方は「1日1~2回程度」「ニオイが気になったときに」「舐めて溶かす」です。これさえ覚えておけば問題ありません。

食べ方も噛む、舐める、飲み下すなどいくつかパターンが考えられますが、舐めて溶かすのがもっとも効果的に爽快感を得る方法です。

そうしてフレピュアに含まれている成分が有効に働くことで、歯槽膿漏などの予防にもなり、病気のリスクを下げることにもつながります。

以下でそれぞれの方法について詳しく解説していきます。

[フレピュア/使い方]タイミングは?効果的な飲み方とケア方法

フレピュアの口臭ケア効果を最大限に引き出すための飲むタイミングは、「お口のニオイが気になったとき」です。

フレピュアのウリの一つに「お口の10秒クリーニング」があります。口に含んで10秒で嫌なニオイを消し去ってくれるので、これを利用しない手はありません。その効果を最大限に生かすためには、やはりニオイに気が付いたタイミングがベストです。

いつ飲むかの時間帯は決めなくてかまいません。また1日何粒といった制限もないので好きな時間に使えます。

人によってニオイが気になるタイミングは違います。寝起き、人と会う前、食後など複数のパターンが考えられますが、判断基準は「ニオイが気になるかどうか」です。

続けていく上では費用のことなども気になるでしょうから、ここぞ!というときに取っておいて、一日使わなかったら夕食後に飲むといったやり方でも良いですね。

もっとも、後述するように、ニオイが気になるタイミングが寝起きだけで、他はあまり気にならないといったケースは、毎朝寝起きのタイミングに使うということで何ら問題はありません。

持続性も気になるところですが、まずは3ヶ月毎日飲み続けることです。1週間や1ヶ月で「効果ない!」といった声をときどき見かけますが、それは時期尚早というもの。口臭だけでなく体臭ケア効果を実感するためにも3ヶ月ぐらいは観察してみましょう。

ということで、フレピュアを使うベストタイミングは「お口のニオイが気になったとき」です。

「じゃあこんなのはどうなの?歯磨き後は?夜寝る前は?」という疑問が湧いてきた方のため、以下、ケース別に解説していきます。

フレピュア使い方:タイミング検証① 朝起きたとき

朝起きたときにフレピュアを飲むのは問題ありません。

朝起きたとき、口の中のニオイが気になる方は多いですが、それにはきちんと理由があります。

唾液には口内の菌の繁殖を抑える作用がありますが、睡眠時は唾液があまり分泌されません。そのため寝ている間は口の中の殺菌作用が弱まります。その間に菌が増えていった結果、起きたときに嫌な臭いのもとになるんですね。

この寝起きのタイミングでフレピュアを使うのは理にかなっており、問題ありません。

もっとも、起きると唾液分泌が復活するので、口内は正常な殺菌作用を取り戻します。時間とともにニオイは薄れていきますし、歯磨きなどもするでしょうから、少なくとも出勤する頃には嫌なニオイは収まっているというケースが大半でしょう。

そう考えると、続けるのなら費用のことも気にかかるでしょうし、日中は人と話さなければならないことなども考えて、後にとっておくのも1つの手ですね。

また、日中は気にならないけど、寝起きのときだけお口のニオイが気になるといった場合は、寝起きに使うのがベストタイミングといえます。

フレピュア使い方:タイミング検証② 歯磨きの前

歯磨きの前に飲むのは基本的に控えたほうが良いです。

マイナス面があるわけではありませんが、少しもったいないです。

その理由は、歯磨きには口の洗浄作用があるため、フレピュアに含まれるなた豆やポリグルタミン酸といった口臭予防が期待できる成分がこすり落とされてしまうからです。

さらに、歯磨きも当然ながら口臭予防効果があるので、2つの口臭予防を一度に使ってしまうという点でももったいないです。

そのため、歯磨きができるタイミングであれば歯磨きをしておいて、フレピュアは別の機会に使いたいところです。パッケージもおしゃれでどこでも持っていける上、水なしで飲めるので、歯ブラシより便利です。職場に持ち込むなどして、とっておきの場面で使いたいですね。

フレピュア使い方:タイミング検証③ 歯磨きの後

結論:朝の歯磨き後はOK,夜の歯磨き後はダメ

歯磨きの後はどうか検証してみましょう。

結論からいうと、朝や昼の歯磨き後はOK、夜の歯磨き後はNGです。

その理由は、唾液分泌にあります。

唾液はお口の乾燥を防ぐ以外に、口内の浄化をするという大切な役割があります。そのため唾液が少なくなると菌が繁殖しやすくなるのです。

夜に歯磨きをしたあとは大抵、あとは寝るだけという状態ですよね。寝ているときは唾液の分泌が少なくなります。そしてフレピュアにはマルトースという甘味料が含まれていて、これが虫歯菌の栄養になってしまいます。

お口の守りが手薄になった時間帯に、虫歯菌が力をつけて攻め込んでくるという事態は避けたほうが良いので、夜の歯磨き後にフレピュアを使うのは控えましょう。

これが朝や日中ならまた状況は変わります。起きているときは唾液が通常どおり分泌されているので、唾液が本来持つ作用は正常に発揮されています。そのため少しぐらい甘味料が口の中に入ってもさほど影響はありません。

まとめると、夜の歯磨き後にフレピュアを飲むのは控えたほうがいいですが、それ以外の歯磨き後ならOKです。

マウスウォッシュをしている場合

歯磨き後にリステリンなどでマウスウォッシュをしている場合は、その直後にフレピュアを使うのは少しもったいないです。

マウスウォッシュには殺菌効果があり、歯だけでなく舌や歯ぐきなどのケアもできるので、歯垢や舌苔の予防になり、歯磨き後に行うとより万全の状態になります。すでにお口の中がじゅうぶんキレイになっているので、あとは唾液の働きにまかせておけば十分です。

ただし、いくらマウスウォッシュやフレピュアでケアをしているからといって、油断は禁物です。

どれだけ殺菌しても、お口の中の菌がゼロになることはありません。そのため、いくら歯磨きを長時間行っても、マウスウォッシュをしても、甘いものなどミュータンス菌の栄養になるようなものを頻繁に食べると、結局また菌が元気になってしまうので、気を付けてくださいね。

フレピュア使い方:タイミング検証④ 夜寝る前

フレピュア・夜

フレピュアを夜寝る前に飲むのはどうかというと、あまりよくありません。

製造元のQ&Aでも『お客様からは、「夜寝る前」「朝起きた時」というお声を多く頂いております』との回答があり、寝る前に飲んでいる人が多いことがうかがえますが、それでもやはり寝る前は控えたほうが良いです。

その理由は、フレピュアに含まれるマルトースという甘味料が虫歯菌の栄養になるからです。

フレピュアはその特長であるすっきりした甘みを出すための成分をいくつか配合していて、その1つであるマルトースは虫歯菌の栄養になります。

これも日中であれば唾液が常に分泌されていて、唾液にはある程度の殺菌作用が期待できますので、あまり過敏になる必要はありません。

しかし、寝ているときは、起きているときに比べて唾液の分泌量が5~8割ぐらい少なくなるため、口の中が乾燥しやすくなります。夜中、または朝、口の中や喉がカラカラになって目が覚めたという経験はありませんか? これは唾液の分泌量が少なくなることによって起こるものです。

そして唾液の分泌が少ないということは、それだけ口の中の殺菌作用が弱まるということでもあります。

虫歯や歯槽膿漏など、お口の悪臭を引き起こす口内病の原因はいずれも菌の繁殖なので、ニオイを発生させないためにはいかに口の中の菌を増やさないかが重要なポイントになってきます。

そのため、就寝前のような、お口のバリア機能が弱まる時間帯の前にフレピュアを使うのはあまりよくないですね。

フレピュア使い方:タイミング検証⑤ 「ここぞ」という時

フレピュアを使うベストタイミングは「ニオイが気になったとき」です。

日常には緊張する場面やストレスを受ける場面が多いものですが、体がストレスを感じると唾液分泌が少なくなります。たとえば大一番のプレゼンや報告の直前で喉がカラカラになったという経験のある方は多いでしょう。また、片思いの相手と一緒にいると緊張して喉が渇くという話もよく聞きますね。

これらはストレスに対する体の反応の一つです。

これまで何度も述べてきたように、唾液分泌が少なくなることは、イコール菌が繁殖しやすい環境になるということです。菌が繁殖すると口の中の食べかすなどを分解して悪臭を放つようになります。

そのため、ストレスを感じる場面が多いということは、それだけお口がにおいやすくなるということになります。

会議、プレゼン、はたまた告白。どれも粗相があってはいけない場面です。そんなのるかそるかの大事なときになんだか嫌なニオイが・・・もしかしてこの人? ・・・というのは絶対に避けたいところですよね。

そんな場面でフレピュアを使うのはまさにベストタイミングといえます。

また、常に口臭を気にしているという方は、人と近くで会話できなかったり、人とエレベーターに乗るのが怖かったりして毎日つらい思いをしていますよね。そんなときは、職場に到着する直前ぐらいで飲むというやり方もありますね。

ほかには、必ずしも人と接する場面でなくとも、寝起きが一番気になるといったケースなら、寝起きだけに使うといったやり方で問題ありません。

ということで、フレピュアを使うもっとも適したタイミングは、「ニオイが気になったとき」です。

フレピュア公式サイトへ

[フレピュア/使い方]噛むのが口臭に効果あり?予防の観点からどう?

ここでは最も効果的なフレピュアの食べ方について解説していきます。

最も効果が見込める食べ方は、「ゆっくり舐めて溶かす」です。

フレピュアは口臭と体臭のダブルクリーニングを目的としたチュアブルタイプ(舐めて溶かすタイプ)のタブレットで、ゆっくり時間をかけて口に含ませることで口臭軽減効果が最大限に発揮されます。

噛んでしまうと口の中にとどまる期間が短くなるので、効果が半減してしまいます。

飲み下すと、1粒が大きいので、のどに詰まって危ないですし、口臭を抑える効果がほとんど発揮されないままなので非常にもったいないです。

ほかには水に溶かすといったやり方も考えられます。たしかにフレピュアの成分の一つであるポリグルタミン酸については、この成分を含んだ水ですすぎうがいをすることで唾液分泌が増加したという実験結果もあるため、口に含んでうがいをするのであればある程度有効であると考えられます。

しかし、舐めるタイプのものを水に溶かすと手間がかかるのと、やはり舐めるほうが口の中の滞在時間が長いので、わざわざ水に溶かす意味はあまりありません。

やはり舐めて溶かすのが最も手間が少なく、効果を最高に実感できる飲み方といえます。おいしく舐めて上手にエチケットケアしましょう。

→→ フレピュアのお得情報を見てみる

[フレピュア/使い方]1日何粒の飲み方が効果的でいつ飲む?

フレピュアを飲むベストな頻度について解説します。

いつ飲むかとか、効果的な食べ方は、という疑問のほかにも、どれくらいのペースで飲んだらいいのかという疑問もわいてきますよね。

結論からいうと、基本は1日1粒、気になるようならそれ以上に飲んでも構いませんが、2~3粒までに抑えておきましょう、ということになります。

Q 一日どのくらい飲めば良いですか?
A 1日1粒が目安となっております。より実感を得たい方は、2粒を推奨しております。 用法用量はありませんので、ご自分のペースで続けられて下さい。
引用元:フレピュア製造元サイト

このように、製造元では「1日1粒が目安」とされています。

ではそれ以上に飲んだらダメなのかというとそうではなく、2粒飲んでも5粒飲んでも健康上の悪影響はありません。薬なら使用制限がありますが、フレピュアは健康食品なので制限がありません。

逆に5粒飲んだら5倍効くのかというと、そういうものでもありません。サプリはある程度の長期にわたって飲み続けることで、体を内側から整えて徐々に効果が実感できるものなので、一気に飲んでも急に体質が変わるというものではありません。「5粒いっぺんに飲んだのに5倍効かない!この商品は嘘だ!」という人がもしいたとしたら、残念ながら飲み方が間違っているだけで、品質不良なわけでもないし効果がないわけでもありません。

毎日続けることが大切ですし、そのためには費用や手間の面で続けられるかどうかが大きな購入のポイントになります。1日1粒飲むのと2粒飲むのとでは単純に費用が2倍違いますから、続けることを考えた上でもやはり1日1粒を目安にしていくといいでしょう。

加えて、いくら健康上問題ないとはいえ、なんでも摂りすぎはよくありません。たとえばお肉はたんぱく源として摂取したほうがいいですが、あまり食べ過ぎると太ります。それと同じで、フレピュアもいくら害がないとはいえ、1日で1袋使い切ってしまうのはさすがにやりすぎといえます。

とはいえどうしても気になるというときは1日複数回摂取するのは大いにアリですし、費用面で心配がない場合は1日2粒や3粒ペースにしても良いですね。

逆に、忙しくて飲むのを忘れてしまい、1日や2日飛ばしてしまったという場合もあります。その際は遅れを取り戻そうと思わないで、また1粒ずつ再開していってください。おとといと昨日は飲まなかったから、今日はまとめて3粒飲もう、なんてことは考えなくても構いません。繰り返しになりますが、フレピュアは健康食品なので、一度に飲んだところで劇的に体内環境が変わるというものではありません。細々とでも続けていくというのが大切です。

また、何度も忘れてしまうようであれば、寝起きや朝食後、歯磨き後などとタイミングを決めて習慣化してしまうのも1つの手ですね。

ということで、やはり基本は1日1粒。ただし、ニオイが気になるときは特に制限せず飲んでください、という結論になります。

フレピュア公式サイトへ

[フレピュア/使い方]持続時間と効果の口コミ・評判

一度飲んだらスッキリ感がどれくらい持続するのか、というのは気になるポイントですよね。

ですが残念ながら、持続時間に関する証拠は見つかりませんでした。

飲んだ直後の声はたくさんありますが、スッキリ感が薄れてくるまでの時間を書いたものはほとんど見受けられませんでした。

「夜に舐めるのを習慣にしたら朝に口のねばつき感が少なくなった」との声もありましたが、コメントもある程度の数が集まらないと信頼性が確保できないので、「夜飲んだら朝までもちます!」と断言するには少し材料不足です。

成分ごとの研究文献なども調査しましたが、断言できるだけの材料は見つかっていません。

ということで、持続時間は不明という調査結果になりました。

[フレピュア/使い方]効かなかったときは1日2粒に増やしてみよう

「1日1粒飲んでるのに、効いた感じがしない」という場合は、1日2粒に増やしてみましょう。

Q 一日どのくらい飲めば良いですか?
A 1日1粒が目安となっております。より実感を得たい方は、2粒を推奨しております。
引用元:フレピュア製造元サイト

このように、フレピュアは1日2粒飲むことで、より強く効果を実感できるようになります。

また、サプリはすぐに効果が表れるものではないので、2粒飲むと決めたらせめて1ヶ月ぐらいは継続して飲んでみる必要があります。1日や1週間であきらめるともったいないですよ。

関連記事:

[フレピュア/口コミ]評判・感想・レビューを総まとめ! 

[フレピュア/体臭]臭い・口臭に効果はある? 

フレピュア公式サイトへ